つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年5月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/29 この国の空気
2020/03/22 静かな桜見物風景
2020/03/17 クリスマスローズの花言葉
2020/03/12 つまらなくしているのは・・・
2020/03/08 マスクわらしべ長者(?)

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2014/05/27(火) 「レリゴ〜」について考える
気になりつつもまだ行けてないのが
映画「アナと雪の女王」。
テーマソングも大流行のようで
テレビをつけるとしょっちゅう流れている。

サビの部分の「Let it go, let it go」(レリゴ〜)を
松たか子さんの歌う日本語版では「ありのままで」
となっているがあれれ〜?と思った私。

というのもこの言葉はセルフ・セラピー・カードにもあり、
日本語版は「手放す」になっているから。

実は私の講座の中でもこの言葉は
ガラクタを捨てようという意味での手放すではないので
「一言で訳すのは難しい」と伝えている。

「Let it go」は辞書を引くと「解放する」「釈放する」
等と書いてあるがもっともっと深い意味がある。

そして今回の日本語の歌詞になった
「ありのままで」は英語では本来Let it be。

そこでネットで調べてみたら「Let it go」は
やはり一言では訳しにくい部分なので
ラ行の音韻を活かし苦心の末の
「ありのままで」になった様子。

なるほどね〜。

どちらにしても多くの人が
しがみついている価値観を手放し、
ありのままの自分を表現していきたい
と思っている時なのねぇ。

積み上げてきたものも
重ねてきたものも一度すっきりと手放す時は
どの人の人生にも時々訪れる。

さて私はといえば
ヤフーのメーリングリストサービスが今日で完了。
時代遅れになってきつつあるMLとはいえカード講座
(セルフ・セラピー・カードの講座のほう)で
およそ10年使ってきたので思い入れもあるので
さびしい気持ちもする朝。

さて色んなものを手放し、
心の支度をして今日の参加者をお迎えしよう。
そろそろいらっしゃる時間。
(@^^)/~~~

【補記】
(1)セルフ・セラピー・カードを使ったお茶会セミナー
   「ヒーリング・カフェ」 6/15(日)10時〜12時
  http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/healing.html
  
  このカードのセラピスト養成講座はリクエスト開講。
  http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/cardyousei.html


(2)会社のHPを5/24付けで更新。
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー →スパム対策でアドレス変えました
   http://f.orion-angelica.jp/oneself_apply/#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.