つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年4月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/12/03 展望レストランで3人忘年会
2020/11/15 人間じゃないものと仲間に会いに
2020/11/09 お別れは突然に
2020/11/04 何十年も気になっていた赤いロゴと赤い箱とあの香り
2020/10/25 バブリー北千住でたき火のような時間

直接移動: 202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2014/04/28(月) 仕事帰りにムーミン谷へ
ご存知の方も多いけど私はムーミン好き。

中学時代に見ていたのは日曜の19時半からのカルピス劇場のムーミン。
当時はただ見ていた気がする。
決定的にはがんの退院後に暇なので家にあった原作を再読して
虜になってしまった。だからファン歴はまだ10年ちょっと。

哲学的なさりげないセリフや墨絵のような白黒の挿絵、
そして北欧と無国籍が合体した不思議な風景などを
想像するだけでぞくぞくするほど胸が高鳴る。

そんなムーミン展が銀座松屋デパートで
http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20140416_moomin.html
やっていることを知り、仕事帰りに今日はGO〜!

入場料が1,000円かかるせいか混んでいるとはいえ
自分のペースで見れる混み具合の中で沢山の原画を堪能。
しかし外のグッズのコーナーは魅力あるものが満載でレジは幾重にもなった行列。。。。
選んで手にしたものをやむなくそっと元に戻しとぼとぼと帰途に。。。。

5/6までやっているからもう一度買い物だけに行こうかな〜。
(*^_^*)

最後に持っている本からこんなのをおすそ分け。



“「パパ、灯台について、なにか知っているの?」
 「いや、でもパパは、あのまたたきを見るたびに、
  胸がキュッと、しめつけられるんだ」”

   〜『ムーミン一家と海』より〜

知ったかぶりをしないムーミンパパ、素敵!
そして私はムーミン谷の人々(?)をイメージするだけで胸がキュッとなるわん。
きっと自分の中の理想のコミュニティや思い出等と響きあうのだろう。

写真は出口付近の写真を撮ってよいコーナーのもの。
レアものの黒いムーミン!!
(@^^)/~~~

【補記】
(1)会社のHPを4/22付けで更新。
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.