つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年3月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2021/04/11 春の贈り物
2021/04/04 自家製山椒粉
2021/03/28 トマトとタケノコとガス爆発と
2021/03/21 春分の朝、我が家の前に行列!?
2021/03/14 ひと山越えて味わう牛肉弁当

直接移動: 20214 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2014/03/16(日) 春の空を飛ぶ不死鳥
昨日は午前、午後とお絵描きコーチング「不死鳥編」。
木曜に続き、様々な方が参加して下さった。
遠くは茨城、湯河原からも参加して下さったり、3年ぶりの参加の方、家族3人での参加の方等、
色んな思いでこの黄色いフェニックスにご自身の希望や祈りを託して描いて行かれた。

ちょうど今日のほぼ日 http://www.1101.com/home.html の糸井さんのコラムに

“時代や場所によって、ちがいがあるのだとは思うが、
 人が生きていくということを円グラフで表わしたら、
 かなり大きな面積が「おたのしみ」なのではあるまいか。”

と書いてあった。和アートは講師の私もそうだけど、
参加しに来る一人一人にとって絵を描きに行く高揚感、出来あがって行く喜び、
そして持って帰る充実感、この全てが「おたのしみ」だと思う。

糸井さんは最後、こんなふうに締めくくっている。

“この「おたのしみ」がわからないと、人が生きていくということがわからないとさえ言える。”

異議なし!
(@^^)/~~~

ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

下記の方が早速、ブログにご紹介下さっている。感謝。

・色彩香房主宰のの石井由美さん
 http://ameblo.jp/aroma-lokahi-lomilomi/entry-11797075677.html

・パステル色彩アートで活躍中のれー夢。さん
 http://ameblo.jp/re-dream/entry-11796666645.html

次回は豪華客船の上で(って、パステル画の上だけど(*^_^*))お会いしましょう!

【補記】
(1)次の和アート関係の講座
  ・お絵描きコーチング「ボンボヤージュ編」
   http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/428
  ・お絵描きコーチングハウス
   http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/427
  ※4月からいずれも参加費が変わります

(2)会社のメルマガ&HPを3/12付で更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/  


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.