つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/12/03 展望レストランで3人忘年会
2020/11/15 人間じゃないものと仲間に会いに
2020/11/09 お別れは突然に
2020/11/04 何十年も気になっていた赤いロゴと赤い箱とあの香り
2020/10/25 バブリー北千住でたき火のような時間

直接移動: 202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2014/01/27(月) 青い鳥と少年の物語
本屋で石井ゆかりさん(西洋占星術研究家)の
「12星座のおとぎ話」という特集を発見。

月刊誌「MOE」(白泉社)という
http://www.moe-web.jp/moe/
初めて買う雑誌だけど、
石井さんの文章は美しく大好きなので衝動買い。

なんと斬新な試みで、
2014年の12星座占いをおとぎ話に喩えて書いてある。
今年の占いなのに「昔々、あるところに…」で始まる。
メタファー(暗喩)好きの私にはたまりません〜!

乙女座を読んでびっくり!

それはある少年が美しい青い鳥を見つけ、
捕まえたいと思ったけど、
うまくいかず困っていたら、
通りかかった友達がエサや道具を貸してくれて
何とか捕まえることができたというお話。

そして大事なのはその後その少年は、
その鳥かごに入った鳥をどうしたか?

手伝ってくれた友人達と1か月ごとに
順番に小鳥を飼うことにしたという結末だった。

なるほどね〜。

占いの類は鵜呑みにしてもだめだけど、
この「喩え」と私が繋がっている感覚を
持つことだと思う。
そこからすべてが始まるし、
そこからどこにでも行けるのだとも思う。

今朝、ワンセルフカード セラピスト認定講座の
2月以降分の開講日程をアップしていて思ったのだけど、
http://orion-angelica.jp/oneselfcard/
来月は初めて全国4つのエリアで3段階の講座が
トレーナー、シニアトレーナーによって開講される。

朝はそれを手のひらに乗る程度だけど
誇りにしていたけど、
それよりも皆とシェアしていくことを
噛みしめていこう。

【補記】
(1)会社のHPを1/20付で更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.