つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年8月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2024/02/19 通院日の楽しみ
2024/02/15 マイバレンタインDAY
2024/02/08 没にするはずだった雪景色
2024/02/01 ドイツ仕込みのパン
2024/01/20 浅草ブランデーケーキ

直接移動: 20242 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2013/08/25(日) この時代にカラーを学ぶ意義
“「人間にはみんなそれぞれに色がついているんだが、
  そのことは知っていたかい?」

 〜村上春樹:著
  『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
               (新潮社)より〜
 
休暇中に一気に読んだ春樹氏の新作は
題名に「色彩」という言葉が入っている。

世界中で注目されているこの小説家でさえ、
色からの世界の読み解き、人物像の把握、
そして人間関係の修復を試みているように
今の時代、色彩心理を学ぶことは
どんな職業でも、男性でも女性でも、
必須のことなのではないか?と再度痛感。

この小説には色が入った苗字の人物が出てくる。
(勿論、単純な人物像の描き方はしない春樹氏だけど)
カラーセラピーの知識で見て行くと
登場人物が目の前に生き生きと浮かび上がってくる。

主人公は苗字に色を持たない。
彼を取り巻く元クラスメートの苗字には
全員、赤、青、黒、白がつく。
色の分け方は様々だけど、
あえて私なりに考えると古代中国での
陰陽五行説(木、火、土、金、水)からの類推はどうだろう?
すると黄色が抜けている。
黄色の色=中央が抜け落ちているので
彼らはバランスを欠いた人間関係になり、
その調和を取り戻すための主人公の心の旅、
と見るのはどうだろうか?

などと勝手な憶測はさておき、(*^_^*)
週末はTCカラー関係の講座開催。
いつもは一人でやっているから
写真が自分のは撮れないというか、
セルフタイマーとか面倒で、全くやらない。
(講座をやっていると
 どっぷり入ってしまう単細胞な私。。。)
でも昨日は参加者の方が撮って下さった。
わ〜い。
(@^^)/~~~

素敵な感想もブログに書いて下さっている。
埼玉でセラピストのイベントをお仲間と開催している
Naokoさん →
http://ameblo.jp/ring-rainbow24/entry-11599161863.html
ありがとうございます。

<追記>
日本の仏教の五色(ごしき)もあるが
その前進になるのが古代中国の「陰陽五行説」。
今の私たちの色の感覚とは少し異なり、
木─青、東
火─赤、南
土─黄、中央
金─白、西
水─黒、北 となる。

他にも二元論や四元素論等など。
古代の人の智恵と色の関係は面白いよ〜!
詳しくはTC公式勉強会、チャプター4からね〜!

【補記】
(1)TCカラー関係の講座、勉強会の詳細
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/color.html

(2)会社のHPを8/21付で更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(4)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.