つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年8月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/14 丸ごとの幸せ
2024/06/09 夜の銀座
2024/06/02 大変な私と付き合ってくれる人達へ
2024/05/25 銀座で三つのモリ
2024/05/14 母の日に捧げる名文

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2013/08/19(月) 繁盛ペンションの至福の食事
自分で仕事をしていると、
ついついレストランやホテルに行った際に、
「この店のビジネスは成り立ってるのか」
という観点で見ていることがある。
家賃、働いている人の数、メニュー単価。。。

そんな中で興味深いのは
お客さんが集まってくる活気ある店。
そこにはなにかしら特長がある。
それに気づいて「なるほど」と感心するのは、
私にとって映画を観に行くような楽しみ。
  
逆に賑わっているように見えるけど、
なんだか危なっかしい気がする店や組織もある。
そういうところに身を置いていると
息苦しくなってくる。

そういう意味で先週5年にぶりに行ってきた
15年前くらいの卒業生が営むペンション『ノエル』
http://www.izu-noel.com/
ハイシーズンということもあるけれど満員御礼で、
お客さんの笑顔と感嘆の声が充満していた。

オーナー夫妻は地元の食材を使って食事を作り、
24時間入れる温泉風呂をこまめに掃除をし、
建物のそこここに庭の小さな草花を飾っていた。

しかし散歩すると伊豆高原でも
競争と淘汰の原理によって、
閉店になり廃墟となった一見こ洒落たプチホテルや
ペンション、レストランが随分とあった。
それらはツタとシダで覆われていた。

ノエルのパパの食事の説明やサーブは
決して上手ではないけど、(*^_^*)
相変わらずものすごく一生懸命だったし
ママの作る食事は更にバージョンアップして
「ドヒャ〜!」の3乗くらいだった。

帰りの踊り子の中で思ったことは
「焦りこそが人や組織をだめにしていく元凶」
ということ。

室橋ご夫妻が決して焦らず
なんちゃらコンサルタントの言うような
マニュアルやマーケティングというものでなく、
獲得している商売の醍醐味と
第二の人生を歩み続けているしなやかさに感服!

身体と心と脳に栄養をあげた3日間の夏休みだった。
また行きたいな〜!

【補記】
(1)会社のHPを8/10付で更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/  
 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.