つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年11月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2021/01/21 水難のち金柑
2021/01/14 引きこもりの恩恵、古典の喜び
2021/01/09 今年の手帳の色が表す心模様
2020/12/29 改名候補bQは「中本あんぽ」(笑)
2020/12/22 しけてる?、いえ心暖かな年末

直接移動: 20211 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2013/11/27(水) ふんがもの仕業?
数日前に買った文庫本が無くなった。
本は電車の中で読むのでカバンに入れている。
カバンの中身を出してくまなく点検した。
無い。。。
部屋の中、事務所も探してみた。
でも無い。。。
数日しても出てこない。

無いとなると俄然読んでみたくなる。
そこで渋々同じものを数日前に買った。

『最後の瞬間のすごく大きな変化』
 グレイス・ペリー:著(文春文庫)

元々この本は春樹氏が翻訳ということで
単行本が出た数年前に買ったのだが
一行に意味がぎっしり入りすぎていて
当時の私には読み進めるのが大変で
ブックオフに売ってしまったものを
今回文庫本で再挑戦しようとしていた。

そして、、、、あんなに探したカバンから
ひょいと手品のように出てきた。
(@_@;)(@_@;)(@_@;)

以前に読んだ田口ランディさんの小説
(『オカルト』新潮文庫)に
このように物が部屋の中で無くなって、
また暫くしたら出てくる現象を“ふんがも”
と紹介していたことを思い出した。

語源は萩尾望都さんの『月夜のバイオリン』だそう。
ランディさんの小説の中では
超常現象研究家の秋山さんが
「私も良く分かりません。
妖怪なのか、霊なのか、
ただの現象なのか。」と語っている。

あるものが無くなりまた出てくるということが
人生では時々、ある。(←私の場合は)
整理整頓が悪いとも言えるが“ふんがも”
という妖怪?天使?のいたずらと思うのも楽しいかも。

“ふんがも”の対処法はお風呂に入って、
鼻唄を2〜3曲歌って戻れば見つかる
と書いてあったのを忘れていた。

ちょっとゆったりさを忘れていたのかも。
気をつけよう〜っと。
“ふんがも”はきっといるのだから。
(*^_^*)

【補記】
(1)会社のHPを11/21付で更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る
   「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.