つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年9月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/06/10 分かち合い上手さん
2019/06/05 枯れアジサイの味わい
2019/05/25 レトロとモダンが交錯する街で
2019/05/22 大雨のスカイレストラン
2019/05/12 今日は二つの初体験

直接移動: 20196 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2012/09/24(月) わが家の和風マロングラッセ
「ワンセルフカードの広場」に先ほど
雑誌「ケトル」の村上春樹特集のことを書いた。
http://ameblo.jp/oneself2012/entry-11363204347.html

上記のアメブロに紹介した以外に
内田樹氏(神戸女学院大名誉教授)の春樹論も面白かった。

その中に春樹氏の小説の主人公たちは
キチンと家事をこなし、料理を手順よく作っていることに関し

“毎日きちんと家事をこなすことは
 ささいな仕事に見えるけれど、
 そういう仕事の集積が、
 実は深いところで
 僕らが生きる世界の秩序を支えているんです”

と語っている。

合気道家でもある内田先生が語ると
こうしたことも深いなぁ。

写真はうちの78歳になる母が
この季節になると作ってくれる栗の渋皮煮。
これはあるとき雑誌で「老舗旅館の女将のレシピ」
というので見つけたものだが、
とにかく莫大な手間がかかる。
前に料理好きの友人がこれを知りたいと言うので
レシピを母からもらってあげたら彼女は目を回していた。
だから「今年は栗も不作で小さいらしいから大変だし、
やめてもいいよ」と言ったが
昨日一日中格闘し、味が悪いからと黒糖で仕上げていた。
感謝。

“母の栗
 風なめらかに
 かわしけり” by マサコ(お粗末さま〜<m(__)m>)

【補記】
(1)会社のHPを9/22付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る、
   「ワンセルフカードの広場」もよかったらどうぞ。
    http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.