つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/29 この国の空気
2020/03/22 静かな桜見物風景
2020/03/17 クリスマスローズの花言葉
2020/03/12 つまらなくしているのは・・・
2020/03/08 マスクわらしべ長者(?)

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2012/11/09(金) 昨日は酉の市へ
昨日は午前にTC公式勉強会をして、
夕方から浅草、酉の市へ行ってきた。
行くようになっておよそ10年。
つまりがんになってから行くようになった。

理由の一つは「東京に住んでいながらこうしたことも知らないで
死んでいくのはもったいない」と思ったから。
そしてホリスティック医療の講演会に行った際に
季節を感じることはキャンサー・サバイバルの
の一つの要因になるように言っていたので。

だから朝顔市と酉の市は
冠婚葬祭のように何が何でも(#^.^#)行くことにしている。

私の酉の市へのお参りは
メジャーな神社を避けそのお隣のマイナーな、
でも歴史はこっちが古い「酉の寺」。 http://otorisama.jp/ 
今年は鷲妙見大菩薩の熊手にした。
寺では買った熊手に火打石を打ってくれる。

いつも境内で買う老夫婦の切り山椒の屋台は無くなって、
開運どら焼きという店になっていた。
切り山椒を扱う店を裏通りでやっと見つけて買う。
でも老夫婦の店より量が少なかった。仕方ないか。。。

昨日のお参りで腹が立ったのは
並んでいたのに割り込みしてきた傍若無人なお爺さん。
心の中で「こんな場所だからさぁ!」と声に出そうになるが
注意するのはぐっとこらえる。
でもイライラしながら駅に向かうと
とても落ち着いた声の交通整理のおじさんがいた。
台東区役所の人かな?警察の人かな?
行列の長さや迂回方法を淡々とアナウンスしている。
ただそれをするべきなのでしているという自然な姿。
うまく言い表せないけど
こういう姿こそ美しき日本人だ。

神社のほうも含めて昨日の一の酉の人出は少なかった。
まだ暖かいから二の酉が混むのかな?
それとも時代の波かな?
二の酉は11/20ですよ〜。

【補記】
(1)会社のHPを11/1付けで更新。
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.