つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/10 超絶技巧の贅沢霜柱
2020/01/28 小さな春からのメッセージ
2020/01/22 命とか希望とかピザとか
2020/01/15 温故而(しこうして)知新
2020/01/12 初めてのような懐かしいような神社

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2012/11/19(月) 札幌の森で魂の仲間と集う
“みんなに会えてよかった

 人の心は青空のようで、

 素敵な偶然があることを

 みんながいて気がつけた” by マサコ


先週の土曜は雨、そして日曜は雪と雷の札幌だった。
今回は土曜がワンセルフカフェ、
日曜がワンセルフカードのトレーナー講座。

方向音痴だという私を心配して、
参加者のお二人がわざわざ迎えて下さり一緒に会場に行った。
ホッ。
そして土曜の夜は懇親会を企画していただき、
冷たい雨の中を多くの方が参加して下さり、
大いに飲み、食べ、語り合い、二次会まで行った!!

とにかく暖かく真心を沢山感じた札幌の週末だった。

待ち合わ場所に来て下さった心やさしき参加者からの
お土産の包みをあけてびっくり!

だって、私が密かに構想を持っている
上級トレーナーの認定書をイメージする森の仲間。
(@^^)/~~~
カードの絵の作者である、るり子さんと出会ったころ、
展示会で売っていた絵の中に夜の森の大きな木に
森の仲間が集まって夜祭りを開いているものがあった。
その絵をひとめ見て大ファンになった。
自室のベッドの上にその絵は額に入れて飾ってある。

そして今、時空を経て
トナカイ(鹿)とキツネが集まってきた〜!

トナカイは札幌スタイルという
地元の作家を応援するブランドのものだそう。
http://www.sapporostyle.jp/
わ〜、素敵。
このショップに行ってみたかったなぁ。

「いちごを食べたきつね」のお菓子はサクサクのメレンゲで、
可愛いストラップ付き。
地元の方は素敵なものをさすがよく知っているなぁ。
今週の講座の参加者と一緒に食べよう〜っと。
(@^^)/~~~

下記のお二人が選んで下さった。
http://ameblo.jp/pink-dolphin-lili33/
http://ameblo.jp/funnyteacher/

そして講座を主催、企画して下さった
トゥルーカラーズは下記。
http://www.true-c.com/index.html

皆様、本当にありがとうございました。

写真は頂いたお土産、森の仲間達。(#^.^#)

【補記】
(1)会社のHPを11/13付けで更新。
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(2)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(3)この内容とはまた違う観点で綴る「ワンセルフカードの広場」
   http://ameblo.jp/oneself2012/
   ↑先ほど更新してます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.