つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/15 温故而(しこうして)知新
2020/01/12 初めてのような懐かしいような神社
2020/01/03 紅白椿が思い出させてくれたワーク
2019/12/30 思えば色んな楽しみが待っていた
2019/12/15 瑠璃色の金メダル

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2011/11/26(土) 断水と酉の市の関係
先日オフィスのビルのポストに突然
「26日、13時まで貯水槽の清掃で断水」のチラシ!!
なぬ〜〜〜っ!!!

この日は午前も午後も仕事があるのに
「どうしてくれる〜〜」と頭に血が上る。

しかし、しかし、思いついた「この日、三の酉だわ」と。

がんになってからほぼ毎年行っている
浅草の酉の市 http://torinoichi.jp/ だけど
予定が立て混んでいるから今年は無理と思ってたら、
ちょうどぽっかり13時まで空き時間だ。
宇宙はちゃんと詣でられるようにしてくれたのね〜。

私が酉の市で行くのは混雑している
鷲神社 http://www.otorisama.or.jp/ でなく、
お隣の酉の寺、長國寺 http://otorisama.jp/ だ。
発祥はこちらのほうが先なのに今日も午前に行ったら
非常に空いていて神社に入る行列をしり目にスイスイと。

境内で火打石を鳴らしてもらってお寺特製の熊手を買い求め、
毎年買うことしにしている縁起もの、
切り山椒となまこ餅を手にすると、
太陽のまわりをこの星が一年をかけて一回りしたと実感する。
心なしか日差しも弱々しくなり、年の瀬の感が増す。

って、写真を見ると、お参り前の空の色は
すごい青空だったことを発見。

さぁ、もうじき、太陽のまわりを
次の一周になるための最後の1か月だ〜!

<補足>
毎年書いているような気がするが、(*_*;
酉の寺のほうが起源が先だと言う出典は下記の本↓
『アースダイバー』中沢 新一(文化人類学者)著 (講談社)

【補記】
(1)会社のHPを11/22付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/   

(2)満席、キャンセル待ち受付の公開講座は下記

 ・お絵描きコーチング「クリスマス&辰年編」11/30
   http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/393  

 ・お絵描きコーチングハウス 12/1と12/3のみ満席。
  (次の12/28と1/5はすいてます〜!)
   http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/392

  他の講座は空いてます〜!
  個人セッションはご希望に応じて日程を決めています。
  心よりお待ちしています。

(3)公開講座のカレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.