つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/22 小路散策の収穫
2019/08/20 チャオはペルシャ語(?)
2019/08/08 北鎌倉遠足
2019/08/05 ハイ、チーズ
2019/07/23 我が町の長老の野菜

直接移動: 20198 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2011/11/01(火) 大活躍!「君に光を贈ろう」
“愛と知恵 
  一羽の鶴が 
   背負い行く” by マサコ


週末のSAIKO先生をお呼びしての勉強会のウェルカムボードに貼った絵
「君に光を贈ろう」を和(NAGOMI)アートを知らない方々が
異常に過大評価して下さっているようなので、
(「マサコさんって、天才画家?」というように)(;一_一)、ここで今一度、ご説明を〜!

コッホン。(#^.^#)

実はこの絵は和(NAGOMI)アートインストラクター仲間であり
プロのアーティストとして活躍中のあつみけいこさん http://ak.blog16.jp/ が
東日本大震災で被災した方々に思いを寄せて描いたもの。
その絵を彼女のブログで拝見し、私が熱烈ラブメールを出して特別に教えていただいたという
感慨深い思い出の絵。

その後、この絵を使った弊社の講座については「参加費の一部を寄付金にします」と呼びかけたら、
まだまだ電車ダイヤが大いに乱れている春、多くの方がこの絵を描きに来てくれた。

今回、札幌からいらっしゃるSAIKO先生に、この絵を見ていただきたくなり、ウェルカムボードにした。

というのも、鳥はアートセラピー診断では自由に飛び回るエネルギーをあらわすと言われている。
その鳥にこぼれんばかりの植物が乗っているのも、キャンドルに白い鳥が火を灯している姿も、
先生の精力的な全国キャラバンを象徴するなと思って。

日曜のセミナーの最後にお礼のお花と共に絵もお渡ししたら、その瞬間を多くの参加者が
パシャパシャと写真を撮って下さった。絵の中の鶴も心なしか嬉しそうだった。

<参考>
★サンプル画「君に光を贈ろう」(下記の一番下に)
 http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/378
  
★この絵を描いてみたい方は
 オープン形式の個別レッスンで描くことができます。
 (ビギナーは2時間くらい。インストラクターは1時間くらい)

 →お絵描きコーチングハウス
  http://8258.teacup.com/masakosahara/bbs/392

【補記】
(1)今月は個人セッションのお問い合わせがとても多いです。(一年の締めくくり?)
   TCカラー、カードセラピー、コーチング等など。
   今月分の個人セッション枠は全て締め切りとなりました。
   12月分の枠も若干です。お問い合わせをお待ちしています。

   カレンダー
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(2)会社のHPを本日11/1付けで更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/   


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.