つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/10/14 やれやれ、、、
2019/10/07 食べてます、いえ、飲んでますよ〜!
2019/10/03 駆け込みショッピング
2019/09/21 豆苗のミッション
2019/09/16 クヨクヨは心と身体からのサイン

直接移動: 201910 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2011/10/03(月) 根っこと天界の曼荼羅パステル
“人間の根源的な欲求は、
 翼を持つことの欲求と、
 根を持つことの欲求だ”

 〜カルロス・カスタネダによるドンファン
 (インディアンの聖者)の教えシリーズより:二見書房〜

昨日の曼荼羅パステルは
秋の澄み渡った空気、休日の静かなオフィスで
ひたすら曼荼羅画法を教えつつ、私も一緒に描いた。

一日が終わって出来上がった全作品を広げてみると、
天界を感じるクリアな色合いと
根っこを感じるダークな色合いという
対照的な今回の作品郡。

比較社会学者の真木悠介氏の言葉を借りれば
「根をもつことは、
 私たちの根にあたる家族や地域共同体との繋がり、
 翼をもつこととはそうしたものの拘束を越えて
 意識の高みに飛翔することを意味している」と述べている。

昨日の曼荼羅の作品達のように、
時間と空間の広がりを感じる10月のスタートだなぁ〜!!

先週はお絵描きコーチングハウスを3日間もやり、
素敵な作品がいっぱい誕生した。
またおいおいアップしていく予定、いえ未定。
(#^.^#)
待っててね〜。

写真は私の曼荼羅。
とはいえ、今回も参加者のスピリットが素晴らしくて、
どっちが講師か???だった〜。
(@^^)/~~~

参考:『気流の鳴る音』真木悠介著(文庫版2004年、原著は1977年)

【補記】
(1)曼荼羅パステル
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/mandara.html

   10月19日(水)
   11月 3日(祝)
   11月24日(木)
   ※一日(または半日)講座です。
    上記の中からご都合のよい日をお選びください

(2)会社のHPは10/1付で更新
   http://homepage2.nifty.com/oneself2001/

(3)講座のカレンダー一覧
   http://www.orion-angelica.jp/oneself/index.php#googlec

(4)ワンセルフのメルマガを10/1付けで配信
   250文字のコミュニケーションヒント「ONEパラダイム」
   http://archive.mag2.com/0000079336/index.html

(5)ワンセルフカードを使った3時間の特別セミナー

  日時:10月10日(祝:月)13時半〜16時半 
  会場:横浜市市民支援活動センター 
  費用;2000円
  主催:ほあーがんサポートネットワーク
     http://www.gansupport.com/index.html
  詳細 http://ihatovo-clinic.com/seminar_howa.html

  ↑
  残席あとわずかだそうです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.