つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年5月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/29 この国の空気
2020/03/22 静かな桜見物風景
2020/03/17 クリスマスローズの花言葉
2020/03/12 つまらなくしているのは・・・
2020/03/08 マスクわらしべ長者(?)

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2010/05/08(土) 10年の関所越え
がんという病気は「手術後〜年」と数えるのが
医学的に正しいのだと、
この病になってから知った。

今日はそういう意味で、
名実ともにがんから丁度10年という一里塚通過の日!

普通のがんは5年が目安だが
乳がんはゆっくり進むので10年が一つの区切りだということも
やはりこの病になって初めて知ったことだ。

2000年の5月8日は月曜だった。
GWは外泊許可をもらって自宅で最悪なGWを過ごし、
連休明けの月曜に右胸全摘出の手術をしたのだった。

当時、NLPのタイムラインのセラピーを
自分でやってもさっぱり未来が浮かんでこないので
やっぱりこの世にいないのかも?と思ったりしたが、
なんてことない、再発転移もなく、
10年後のこの日があっけなくやって来た。

思えばこの10年の中で、
太極拳を習い、沖縄聖地巡礼に出かけ、
患者会のボランティア活動をし、
朝晩自己流ストレッチ体操をし、
スェットロッジに入り、
と免疫細胞を活性化させるために
実に色んなことを試み、魂を遠くに旅させた10年だった。

悲壮な決意がいつしか、
「まぁ、がんになってそれはそれでよかったんじゃないの〜」
くらいに気軽に思えるようになって数年。

今日は夕方までふつうに仕事をしてふつうの日だった。
その後一人で帰りに安いステーキと生ビールで静かにお祝いした。
ほろ酔い気分で思わず記念に何か買いたくなり、
なぜかレインコートを衝動買いした。
(雨女だからか。。。?)
そして帰りの電車を待っているホームで、
あくびしたふりして涙流しちゃった。

きゃは!
みんな、みんな、ありがとうございます!!


写真はここ最近、講座の参加者の方々から頂いた贈り物。

幼稚園の先生をしているMさんの手作りのちりめんの和み地蔵人形、
hana-sakuさんお手製のブリザーブドフラワー、
http://hanairo.sakuraweb.com/index.html
pan さんのカービング技術で桜の細工をほどこした石鹸。
http://ameblo.jp/p-pan/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.