つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年3月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2021/04/04 自家製山椒粉で自己承認
2021/03/28 トマトとタケノコとガス爆発と
2021/03/21 春分の朝、我が家の前に行列!?
2021/03/14 ひと山越えて味わう牛肉弁当
2021/03/09 オレンジ気分

直接移動: 20214 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2010/03/06(土) 同志は彼の地へ
深沢七郎氏は「流転の記」で
「人間の臨終も引っ越しと同じように思えるのだ。
そこの窓のふちの玉目も、天井の板の目も、障子のさんの板の目も、
そこの窓から見える隣の家の板塀も、目に見えるものと
別れていくのである」と書いている。

先日、ワンセルフを一緒にやっているM田さんの高校の友人が
心筋梗塞で突然亡くなったとのことで、
「あの世にはお互いに何も持っていけないのだから、ケチらず、
会社のテーブルをもう少し買おう」と話していて思い出したのが、
上述の深沢氏のきっぱりとした美しい文章。

そして今日は月に一度の通院日なので、
主治医のクリニックの待合室にいたら携帯が鳴った。
患者仲間で再発転移治療中のK子さん
http://aliceblue-25.at.webry.info/ からだったので、
慌てて外に出て電話に出たら、
女の声でなく、男の声がしたので、即、全てのことがわかった。
ご主人からだった。
今月に入り病状が突如悪化し、昨晩亡くなったそうだ。
今までもがん仲間は何名か亡くなったという連絡は受けているが、
彼女とは入院先で知り合い、
「アンパントリオ」と称していた。(←もう一人同志がいる)
それは奇しくも同時期に同じ40代で進行性乳がんだったから。
この10年、絶えず連絡を取り合っていた間柄だった。

近しい人の死を知ると、
そうだ、自分もそのうちにいなくなるのだ、と改めて思う。
こうやって月に一度は病院に行っていたって毎日生きているので、
ついついそんなことを忘れて暮らしている。

会社のテーブルも前から買い足そう、足そうと思いつつ、
また引っ越すとき大変だよね、高いね、と言ってやめていた。
でもよくよく考えると、自分のもの、自分の会社のものなど、
有限の人生を考えると、本当は何もないのだ、と思えてくる。
ただ、この身体と、感情と、体験と、感覚、そして思い出。
そういったものだけが自分のものなのだろう。
膨らんできた桜の蕾を鑑賞したり、
雨に濡れた石をきれいだと思ったり、
親しい人がいなくなるのを哀しむことは、
まぎれもなく自分の何か一部だと言える。

朝の屋根に乗った露のきらめきのような、
手ではすくい取れなくて、
うまくデジカメでも撮れないものこそ、
それだけが自分に属するものだと思えてくる深く濃い夜。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.