つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年10月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く
2024/04/20 真面目な整体院

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2009/10/02(金) 昨日は乳がんの日
昨日、10月1日は乳がんの日。とはいえ、この病になってこんな日の設定を初めて知った。

東京では少なくとも自分が知る限り9年前からこの日の夜だけ東京タワーがピンク色になる。
最近は少しだがこのピンクのライトアップは有名になったようで、昨日は都庁やレインボーブリッジもなったもよう。

さて、そんな日に、ある方のかけ橋で、白金タワーという非常にゴージャスなところで
女性限定の乳がんの集いにお呼ばれしていた。
女性パティシェが主催なので、おいしいスィーツの軽食が出て、
夜景を愛でつつ、ナースから自己検診の話と、がん体験者の私の話を聴くという趣向だった。

私の話は「乳がんなったら侮ってはいけないけど、
結構心豊かに生きる人生があるんだよ〜」という話をした。

セレブな街だけあって、なんと参加者全員、ロングヘアにスカートかワンピース姿。
ショートカットでパンツスタイルは私だけだった。
きゃ〜。(*_*;

「おっ、仲間がいるよ」と唯一の短髪女性を見つけたら
その人は東京新聞の女性記者で取材に来ていた人だった。
(;一_一)

25階という星降るような場所で、がらっぱちな私の話を、
美しい巻き毛姿のお上品なお嬢様たちが神妙に聴いてくださり、ありがたいことだと思った。

「チャンスはどこにでも転がっているものじゃなかった。
人に頂くものなのだと身に染みて感じた」
と語ったのは最近、自伝を出版した小室哲哉の言葉だが、本当に自分もそう思う。

チャンスをこうしていただけて、今までで最高の乳がんの記念日を過ごせた。
昨日、お付き合いくださった和(NAGOMI)アート講座のFさん、ありがとう!
勝手に「うちのスタッフ」と呼び、それに合わせててきぱきと私のサポートをしてくださった。

浮き沈みの激しいこの東京という街で
バブルが崩壊しても、がんになっても、なんとか生きてこれた。
それはずっといつも、昨日のFさんに象徴されるような人たちがささっと私をサポートしてくれたり、
今回のかけ橋役をしてくれたSさんのような人が、チャンスを分けてくれて続けてこれだ。

小室哲哉のように、大きな詐欺事件を起こして気づく、というようにならなくて本当によかった。
気づかないまま人生が終わらないで、本当によかった。

追記;
ピンクリボン運動は
まだまだ一つのムーブメントとしての勢いはないように思える。
ライトアップも各企業や団体がただやっているだけだ。

ピンクリボンバッチ一つをとってもデザインに整合性はないし、「一体どこで買えるの」という段階だ。
昨日は私のつけていたキラキラのピンクリボンバッチを
多くの人が「買いたい」と言っていたが台湾製なのだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.