つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年8月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/10 超絶技巧の贅沢霜柱
2020/01/28 小さな春からのメッセージ
2020/01/22 命とか希望とかピザとか
2020/01/15 温故而(しこうして)知新
2020/01/12 初めてのような懐かしいような神社

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/08/05(火) 出張から戻ったら、自宅に落雷!
昨晩、神戸出張から戻ってきた。
神戸は思い通りに行かないことと、
期待以上によかったことの落差が激しい旅と仕事だった。

元々まず行く前から自分は腰痛になり始めていて、
我慢していたら前日からお尻のほうまで激痛が走り、
慌てて近所の整体屋に駆け込んでなんとか応急処置で臨んだ。
そしてサポートしてくれる卒業生夫妻も夏風邪という状況。

でもとにかく、期待以上だったのは食事。
って、私は個人的な旅も仕事での出張も食事は
いつも何だか恵まれる。

今回は特に着いた晩に卒業生の地元の友達が予約してくれていた
スペイン料理、最高だった。
珍しい食材とその絶妙なおいしさ、
お店の居心地のよさ、そして楽しいお喋りと極上ワイン。
http://www.walkerplus.com/kobe/gourmet/DETAIL/V-KANSA-7RTAE572/

昨日は灼熱の元町、南京町をさっと観光して帰宅したら、
わが街の頭上はものすごい雷音と夕立。
でもたかをくくって風呂に入っていたら、
鼓膜をつんざくような音と共に真っ暗になってしまった…。

あれれれ〜?
近所の家は電気がついているのに我が家だけ真っ暗。
電話も切れているみたい。
ブレーカーもあがらない。
やっとのことで携帯で東京電力に電話。
どうも自宅に雷が落ちてしまったもよう。
真っ暗な中、クーラー無しで過ごす。待つこと何時間も。

私は出張の後でたまったメールチェックができずイライラし、
母は冷凍庫の中味を心配し、父は風呂に入れないことを怒り…。
そんな中、遊びに来ていた小5の姪だけが妙にはしゃいでいた。

懐中電灯の光の下で思ったこと。
それは、仕事もプライベートも
人生は思い通りにならなくても仕方ない、
と思えば思うほど楽になるな〜ということ。

写真はおいしく思い出に残るスペイン料理。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.