つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年4月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/11/15 人間じゃないものと仲間に会いに
2020/11/09 お別れは突然に
2020/11/04 何十年も気になっていた赤いロゴと赤い箱とあの香り
2020/10/25 バブリー北千住でたき火のような時間
2020/10/15 移りゆく時の流れに木製茶碗

直接移動: 202011 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/04/08(火) そういうものに、なっていきたいなぁ
“用事がなくても訪ねたくなる場所

 役に立たないのだけれど、声をかけたくなる人

 そういうものに、なっていきたなぁ”(by糸井重里)


こんな時間に日記を書いているのは休みだから。
久々の丸一日、休み。
本当は早起きして鎌倉にまた一人、
散りゆく桜を愛でに行こうとひそかに決意していたのだが、
真夜中からの強い雨風にその決意は簡単に崩壊。

ゆっくり起きて、洋服の冬物を完全にしまい、初夏ものを出し、
来週の自分のメルマガの原稿準備をし、あとはウダウダ。

4/13の伊豆高原でのヒーリング・カフェ
http://www.izu-noel.com/hcafe.html 
もほぼ準備をしたがまた構想をさらに昼寝しながら練ってみた。
って、あまり変わらない…。(^_^;)

とにかく狭い自室で一日をノロノロと過ごしていたら
先ほど尊敬してやまない糸井さんの私家本が到着。
http://www.1101.com/books/Je_me_souviens/index.html
『思い出したら、思い出になった』

冒頭の言葉は開いたらすぐに飛び込んできたフレーズ。
ホント、こんなふうなことが私の大きな道しるべかも。
どのページも含蓄が深くゆっくりゆっくり何度も読みたい本。

嵐の休日は何もしないのに、
それをしのいで部屋にいただけで何かをしたような気がする。
さっき窓をあけたら空が明るくなり、天使のハシゴが見えた。
嵐の後は空の色、街の匂い、風景の広がり、枝が擦れる音、
何もかもが違って見えるなぁ。

よくよく考えれば今日はお釈迦様の誕生日だ。
大きな手が伸びてきて色々なものをなぎ倒し、
掃除をしたような日。
桜も潔く散っただろうなぁ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.