つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年10月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/12/03 展望レストランで3人忘年会
2020/11/15 人間じゃないものと仲間に会いに
2020/11/09 お別れは突然に
2020/11/04 何十年も気になっていた赤いロゴと赤い箱とあの香り
2020/10/25 バブリー北千住でたき火のような時間

直接移動: 202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/10/08(水) 一升瓶のお土産
この間の企業研修の帰りにそこの会社の玄関先で、
副社長さんにそっと呼び止められた。
何か、粗相でもあったのかと、ぎょっとなるところが
自分の小心者なところ。

そうしたら、一升瓶をどんと押し付けられた。
なんでもその方の親戚が作っているという黒糖焼酎だそうな。

この仕事を長年続けているとお土産をたまに頂くことがあるけど、
大抵はお菓子とかお茶とかで
一升瓶の酒をもらうのは初めてだった。

しかし実は家での晩酌は主に焼酎の私!

その会社から最寄駅まで少し距離があったが、
大好きなものって、重さが全然気にならない。
すでに研修の後の懇親会で結構、酔っ払っていて、
一仕事が終わった開放感も手伝って夜道を鼻歌交じりで歩いた。
エコバッグから酒瓶の頭が飛び出し、
千鳥足で歩く怪しい中年女だったけど、いいの!
いや、どう見てもオジサンのノリだったな〜、でもいいの!

そして今から思えば完全に怪しい言動だったけど、
「ありがとう〜!」って、夜空に向かって手を広げて
叫んでみたくなってそうしてみた。
もうこれをくれた人は目の前にいないんだけど。

そうしたらほろ酔い頭にふと浮かんだことは
「行き場のない悲しみは救いがないけど、
行き場のない感謝って、なんか、いいな〜」っていうこと。
それは夜を抜けて走る光みたいな感じ。
この街を明るく照らして自分に帰ってくるみたいな感じがした。


わが胸に
思い出こぼす 
秋の酒

虫の夜に
まだ起きている 
土産酒


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.