つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年10月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/10 超絶技巧の贅沢霜柱
2020/01/28 小さな春からのメッセージ
2020/01/22 命とか希望とかピザとか
2020/01/15 温故而(しこうして)知新
2020/01/12 初めてのような懐かしいような神社

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/10/19(日) 高校のクラス会
先日、高校のクラス会があった。
同窓会でなく、クラス会というのがこじんまりとしていて、なんともほほえましくて出るのに少しは安心だ。

というのも、独身で生きてきた自分はそういう集まりが苦手で結構、避けて通ってきたから。
しかし、この病いになってからは、
「来年、もうこの世にいないかもしれないのだから
何でも会える人には会っておいたほうがいいかも。
何でも誘われるものには拒まず受けておいたほうがいいかも。
彼岸の河を渡るのにそれはなんかの足しになるかも」と真剣に思い、なるべく出席するようになった。

とくに高校のクラス会は幹事をしているのが名前の順でいつも自分の前だった人で、
その後もなんだか不思議とご縁が続いているので、そんな流れもあって出ている。

私「なんでお弁当食べないの?」
幹事の人「教室がホコリっぽくて食べれない…」
私「馬鹿じゃないの〜。
 そんなんじゃさ、社会に出てやっていけないよ。男なんだからさっ!」
なんてわかったようなことを言っていた懐かしき日々。

自分の周りを見まわしてみると、40代に入るとクラス会とか同窓会が復活していることが多い。
「どうしてなんだろうか?」と周りに訊ねてみると
「それが人間ってもんじゃないでしょうか」という答えが返ってくることが多い。

そうか、それが人間ってものなのか。
だとしたら、私は人間ってものがあんまりわかってなかったな。
やっとこの歳になってクラス会とかのありがたみ、よさがじわじわとわかってきたような気がする。
人の心と接する仕事をしてきながら、
情けないけど私には「何にもわかってないことが多いな〜」って思う秋の宵。

とにもかくにも満月の晩にそれぞれ違う人生、運命を歩んでいる13名が時空を超えて再会した。
ほぼ全員が2次会まで流れて、ほろ酔いで手を振って別れる銀座の街角。
お互いに「よき人生を歩んで、また再会できますように」とただ心の中で祈るだけ。

そんなはかない思いやさりげない出会いをこれからも大切に出来たらいいなぁ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.