つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年1月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/28 混乱の聖五月を振り返る
2020/05/17 「あなたを見守る」という花が咲く
2020/05/11 女医さんの手作りマスク
2020/05/05 青梅と書いて。。。
2020/04/29 非日常の中の日常雑感

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/01/29(火) 親鸞カフェで沈思黙考
昨日に続いて日記を書くのは
今日は休みで時間と気持ちに余裕があるから。

でも今日は聖路加のがん患者への訪問ボランティア当番でもあった。

夕方にボランティアを終え、外に出ると小雨
まっすぐ帰るのは惜しいので
今日は歩いてすぐの築地本願寺に拝みに行くことにした。

そうしたら、なんとお洒落なカフェが敷地の中に〜!
http://www.sotokoto.net/lohasbar/
『カフェ・ド・シンラン』(つまり、親鸞様のカフェ!)。
浄土真宗もやるね〜!!

厚い木の引き戸をゴトゴトと開けて入りゆっくりする。
というのは、昨日の明け方にみた夢を味わいたかったから。
27日の特別フォローアップ講座がよっぽど気持ちよかったのか、
久々記憶に残るリアルな夢をみたのだ。

“(夢の中で)弟が子供に戻っていて
「おねえさ〜ん、おんぶ〜」と言って近づいてくる。
気づくと私は裸で「手術のすごい傷が見えるけど、弟だからいいか」
とも(夢の中では)思っておんぶしようとするが、
弟は突然大人になっていて
「左胸から剛毛が出てるじゃん!」と指摘される。
確かにがんになってないほうの残った左胸から黒い一本の毛が!
オタオタする私を尻目に弟は
医学用語を並べ立て「問題ない」と言う。
「でも抜いておいた方が無くなった右胸とのバランスもよい」と言う。
スルスル〜っと剛毛を二人で引っ張る。毛は思いのほかすごい長さ。
やっと抜け、二人で一メートルずつ折って測ると11メートル!”

そこで目が覚めた。

弟、手術の傷口、剛毛、11。

なんだろうね〜。

弟→弟なるもの→後輩とか年下とか卒業生とか?
手術の傷口→隠しておきたいこと?
剛毛→私の中のもっと隠しておきたい業、エゴ、負の感情?
11→ビジョン心理学では「新しいレベルのリーダーシップ」?

今の段階で一応綜合判断すると、
自分が「先輩だ」と肩肘張らず。
まだまだ溜まっている自分の中の膿やお馬鹿なところを
周りからサポートしてもらいながら出し、
その場で出来ることをしていく。

ということかなぁ〜。

オーガニックな親鸞カフェで小雨煙る外を見ながら
一人ココアを飲んでいると、
未来の自分も含めて私の中の深い部分が
新たな枠外しのメッセージとエールを送ってきているような気が
ヒタヒタとしてきた。
なにやら不思議な頼もしさが(って誰だかわかんないけど)
こみ上げてきた。

冬のカフェ
時計の針が
遅くなり

夢の糸
過去と未来の
橋かける
(季語がない〜)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.