つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年7月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2017/04/19 サークル&サイクル
2017/04/14 よいよの日に起きたこと
2017/04/13 お気に入り、相次いで閉店。。。
2017/04/02 最高でない桜を愛でる
2017/03/26 今の私を助けてくれているもの

直接移動: 20174 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2007/07/27(金) 新年に相応しくグッドニュースが!!
マヤ(13)の暦では昨日から新年。

今年から初めて、マヤ・ミラクル・ダイアリー
(M・A・P梶jなるものを
本のイラスト担当のるり子さんに感化されて購入。
それに覚書メモ日記をつけることにした。(ってまだ2日目)

新年の昨日7月26日は「白い魔法使い」の日。
マヤ(13)の暦は毎日こんな可愛い(?)名前が
ついていてるが、新年日が一年間を支配するので
来年の7月25日まで「白い魔法使い」の年。

それを祝って(?)昨日は白い服で仕事に臨み、
個人セッションや公開講座も満席で開催できた。感謝。
講座前のアイスブレイクでは
参加者それぞれに白にまつわる思い出を話してもらった。
私の思い出は7年前の退院日に
卒業生が家に贈ってくれた白い百合の花束。
それはのちに1冊目の本の表紙の絵を描いてくれることになり、
友人になってしまった、ふしぎやさん。

マヤの暦は「分からなくっても楽しんで使っていると
流れが出てきたり、シンクロニシティが…」と多くの人が
言っているが、「ふ〜ん?」と思っていたら、
来た〜〜〜っ!!!つい先ほど!!

拙著『部下をその気にさせる上司のすごい話し方』が
韓国に続き、台湾での翻訳出版も決定とのこと!!
契約書に目を通したら強固に「中国本土では売りません」
と書いてあるのがちょっとおかしかった。
(って国際紛争を笑ってはいけませぬ。浮かれてます。反省)

「私の人生はいつまでも
こんな奇跡を探し続けていくんだから!」と心底思える
幸せな夜。

写真は夕方の不思議なライティングに映える近所の百合

2007/07/18(水) ボーに、ナス(*^_^*)
ジャスコにいた20代後半、
その頃Jは業界4位くらいを低迷していたので、
給料もボーナスも他の業種や世の中の平均より大分少なくて、
上司のYマネージャーは夏と冬のボーナスの時期になると
得意の山形弁で「オラたちのボーナスは、
棒に茄子が刺さっているようなもんだぁ〜」と言っていた。

でも自分で仕事を始めてみると
棒に茄子でもなんでも、もらえればそれでいい!と思う。
ワンセルフを始めてこの18年間、ボーナスとは無縁の私。

と、思っていたら、今回の本の印税が昨日振り込まれた〜。

これも棒に茄子ほどの僅かな額だが、
ボーナスがない身には非常に嬉しい。ありがたや〜。

「自分で好きな仕事をやっているというのは羨ましい」
と言われることがある。
でもそれは大きな安定した温かいものを手放し、
険しい道を迷いながら進む緊張と共に手に入る、
気楽さと人生の喜び。

でも「いいわよねぇ」と言う人には
この微妙なニュアンスを説明するのは面倒くさいので
「うん、わりと楽だよ。まぁ、いろいろあるけどね」
と言うことにしている私。

人生には言えないことがいろいろある。
でもどちらの人生を歩んでも
人生に不安や緊張が何もない、というのはないだろう。

写真は先月に本の記念に買ったお財布。
使いにくくて早くも後悔しているが、色が気に入っている。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.