つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年4月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/01 手帳は未来の扉
2019/11/20 久しぶりのバスチー
2019/11/10 今年も酉の市詣
2019/11/04 イヤミスに嵌り中
2019/10/28 秋をけりけり北千住

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2007/04/03(火) 何かをやり遂げた人に出会える幸せ
今日は平日の休日。
卒業生であり、同志である、
ふしぎやさんの住む稲毛海岸まで朝から遠征をしたが、
雨女の遠足に相応しい(?)すごい天候。寒い〜。

彼女は先月、初の個展を開催した。
私は仕事や本のこと等で行けなかったが、大盛況だった様子。
今でも女優部屋のような祝福の花の山とのこと。
今日はその開催までの製作作業の孤独と喜びを聞いた。
個展会場の様子を撮った写真を見ると、
何かを出し切り、よい意味で魂の抜け殻状態の彼女がいた。
へとへとで何かをやり遂げたあとの女性の美しさ。
これは出産をした女性にも言えることだなぁ。

海岸にも二人で行ってみた。
真冬の寒さでさすがに誰もいなかった。(@_@;)
無彩色の海を黙って見てると
世界を一緒に見ているみたいな感じ。
似たような気持ちで。
でも全く別々の性格で。

自分もそうだけど、この2〜3年でいろんなことが
ジェットコースターのようにあった彼女。
人の人生には決して口出しをできないから
勝手にお互い心の中で「がんばれ」と
言って過ごしてきた。
そしてまたそれぞれの道をがむしゃらに、
でも流れを見ながら進んで行こう!、と誓い合う。

気づけば夕方。
ガラガラの花の美術館とそのカフェで過ごした一日。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.