つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年7月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/28 混乱の聖五月を振り返る
2020/05/17 「あなたを見守る」という花が咲く
2020/05/11 女医さんの手作りマスク
2020/05/05 青梅と書いて。。。
2020/04/29 非日常の中の日常雑感

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2006/07/02(日) 天国のすいか体験
友人が最近“スウェット・ロッヂ”なるものに
ハマっているという。(ネイティブ・インディアンの儀式の
一つでドーム型テントの中央に真っ赤に焼けた石を運び、
それにリーダーがハーブと聖水をかけスチームバスのような
状態を作る、というもの)
  
丁度昨日、それがあり彼女も行くと言うので早起きをし、
恐る恐る連れて行ってもらった。曇り空の山梨県にある
その施設には早朝から今回も約20名もの男女が集まっていた。

初めての人には簡単な説明があったが、その中で実は
怖がりの私を怯えさせたのは「ハードなサウナのように
なりますが、祈りの言葉『All My Relations.
(私につながるすべてのものたちよ。本来はラコタの言葉
で「ミタクエ・オヤシン」と言うそう)を唱え、頭を下げて
いると不思議と苦しい気持ちが遠のいていきます」。(@_@;)

確かに2ラウンド目は相当に熱気で修行状態。しかし、
3ラウンド目は意外に平気だったので、勇気を出し無謀にも
車座の前列での4ラウンド目。ものすごい荒行状態。(^_^;)

説明されたときのことを思い出し、頭を下げ
「オール・マイ・リレイションズ!、
出会ってきた人、もの、全てありがとう!」と思っていると
確かに辛さがまるで違う。そのうち思考停止の中で
出てきたのは、なぜか、通っていた小学校の用務員さんの姿。
そして校門の横にあったつましい彼と家族が住んでいた家。

4ラウンドが全て終わり、近くの小川で朝から冷やしていた
大きなすいかを切り分けてもらった。丸ごとのすいか、
切りたてのすいかを食べるのはいつ以来だろうか?
大量の発汗の後のすいかをむさぼり食べながら、改めて
「私はたくさんの人に守られ、助けられてきたな〜」と思う。

神様は直接、人に手を下すことはしないけど、
環境を提供することをしてくれると私は思っている。
私のがんを神様は治してはくれないし、ワンセルフが
商売繁盛になるよう、直接のことはしてくれない(と思う)。
でも環境を作ることを人を通してしてくれる(と思う)。
そういう意味で、私の心身の毒出し、浄化作用の
お手伝いしてくれたHさん、ホント、ありがとう!

写真は、暮れかかった帰りの駅。終わりの儀式や片付けまで
すると夕方でその中をトコトコと中央線で戻った濃い休日。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.