つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年6月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/10 超絶技巧の贅沢霜柱
2020/01/28 小さな春からのメッセージ
2020/01/22 命とか希望とかピザとか
2020/01/15 温故而(しこうして)知新
2020/01/12 初めてのような懐かしいような神社

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2006/06/26(月) 夏越の祓え」まであと4日
6月30日が一年の丁度半分。 それを神道の世界では
「夏越の祓え(なごしのはらえ)」というのを、
6年前、太極拳のおじいさん先生に習った。
(その先生は荒行のしすぎ(?)で去年亡くなった(@_@;)
単に読売新聞のカルチャースクールなんだけど、本格的な先生であった(^_^;))

とにかくこの「大祓」でこの半年を振り返り
残り半年をどうしていくか?、を再構築することを昔の人はしていたみたい。

私のこの半年はどうであったか…。
月並みだがあっという間の半年だった。
楽しい出来事もあれば、やりきれないことやうまくいかないこともあったし、
今も現在進行形のこともある。(こんなふうに書くと「何が大変なの?」
と言ってくる人もいるが、「よいことばかりじゃ、人生はないだろう!
アンタだってそうだろう!」と言いたくなる天邪鬼な私)

とにもかくにも、一ついえることは
どんなことも悲惨に受け止めることも出来るし、
ギャグにすることも出来るということ。(*^_^*)
その受け止め方の趣味が合う人を「友達」というのだろう。

ちなみに今年の「夏越の祓え」は セルフ・セラピー・カードのヒーリング・カフェです。
(宣伝ですみません)
あと1〜2席、空きがございます。
http://homepage2.nifty.com/oneself2001/schedule/healing.html

写真はこの間の横浜すぴこんでの私の講演を客席から
撮っていただいていたもの。なにやら熱心に語り続ける私。(^^ゞ


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.