つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年5月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く
2024/04/20 真面目な整体院

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2006/05/14(日) 歌の翼に
一昨日は仕事を早めに終えて渋谷のオーチャードホールに、 クラシックコンサートを聞きに出かけた。
病気前は「忙しい」を理由に、その後は「お金が無い」 を理由に、
こうした習慣が我が生活に全くなかった。(^_^;)

今回は友人が「なぜかプレゼントをしたい気持ちになった」 ということで、
招待してもらった。ありがたや〜。
とはいえ、その人も直感でひらめいたそうで、
(↑オペラ歌手には珍しく人相がいいとのことで)
お互いに全く知らないNYの女性オペラ歌手、 バーバラ・ヘンドリックスという人のだった。

席は3階の後ろのほうだで谷底を見下ろすようだし、 曲はマニアックな全く知らないドイツ歌曲とかだ。
だから当初は退屈していた。しかし少しすると凛とした声質と圧倒的な声量の素晴らしさに
ボワ〜ンとしてきた。 内容が分からぬゆえに自由に想像し
イメージワークをしていたら、サウンドセラピーのようになっていった。

最後には別に悲しくもなんともないのに、感情が揺れているわけでもないのに、
心は風のない日の湖の水面のように静かなのに涙だけが流れてきた。
暗いのをいいことにどんどんと泣いた。 

きっとそれは、私の心や感情よりもっと深いところにある、
あえていえば『魂』というようなものが、
一生懸命表現している人のエネルギーを目の当たりにして流れた涙なのだと思う。  

魂が「なんか、いいな〜!」と呼応したのだと思う。 歌の翼に乗っての、しばしの魂トリップの宵だった。  


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.