つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/06/30 3か月ぶりの電車と買い物
2020/06/13 料理下手の梅仕事
2020/06/08 伊勢丹大名様
2020/05/28 混乱の聖五月を振り返る
2020/05/17 「あなたを見守る」という花が咲く

直接移動: 20206 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2006/04/09(日) ♪野に咲く花のように〜
この間、夜中のテレビで槙原敬之さんが
ダ・カーポの「野に咲く花のように」を歌っていた。
ああ〜、あったな〜。山下清のドラマの主題歌だったな〜。
無性に歌いたくなり、卒業生のTちゃんを誘って、
昨日は彼女の地元、草加のカラオケボックスで
歌った、歌った、懐メロを。
二人でコーヒー一杯で、ノンストップ、2時間半。(^_^)/~

かつては麻薬所持でほされていた槙原君が
素晴らしく復活し、ファンに囲まれてピアノの弾き語りで
歌う「野に咲く花のように」は含蓄があった。

とくに私は

♪ときには 長い人生の トンネル抜ければ 夏の空
  そんなときこそ 野の花の 
   さりげない心を知るのです♪

というところは自分のがん体験とダブり涙さえ出てくる。

確かにどんなことも、ちゃんと今の自分に
たどり着くための、いっけん、遠回りのようでいて、
実は直線だった道のり、という気がしてくる。

とにかく歌はいいな〜。

友人の結婚式の二次会に出るという彼女を見送って、
一人、夕飯の惣菜や缶ビールを選んで、夕日を見ながら
テクテクと帰っていくと、
どんな人生にも喜びと同じくらいの悲しみが内在している、
と思えてくる。
しあわせも悲しく、そして悲しくても、しあわせ、
という気持ちになる。

昔の歌謡曲(チェリッシュとかザ・ピーナッツとか)、
短調メロディをいっぱい歌ったからかな〜。

写真は弟が開業祝いでもらった野の花(?)、山桜。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.