つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/07 さ、ごはん、食べよ
2020/03/29 この国の空気
2020/03/22 静かな桜見物風景
2020/03/17 クリスマスローズの花言葉
2020/03/12 つまらなくしているのは・・・

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2006/04/25(火) 奇妙な意気込みがないって大事だなぁ
土曜の夜は卒業生の方の披露宴に出席していた。
200名弱の久々の大型版の披露宴だったが、
新郎新婦が楽しんで企画やお料理を決めた感じが
随所に散りばめられ、お祝いのスピーチも、
落語や尺八、三味線の生演奏等でゴージャスなものだった。
しかしそこに変な意気込みはなく、
およそ3時間以上の披露宴が少しも息苦しくなかった。

思えば、ワンセルフの仕事も手伝いのすぴこんもそうだが、
奇妙な意気込みがないから、自分なりに続いているのかも。
免疫細胞を活性化してがんからサバイバルして
生きていきたい今の私にとって、
これが一番の最優先事項だと思う。

昨日の朝に配信した自分のメルマガは、
この披露宴で感じた「ありがとうの大切さ」という
非常に当たり前のことを書いたのだが、
朝8時半に配信した直後から感想メールが届き、
相当数の感想を読者から頂いた。
いつもはNLPやコーチングのキーワードでひとひねり、
自分なりにした内容にするのだが、
シンプルに書いたほうがいいんだねぇ。(*^_^*)
(今更ながらですが…)

写真は披露宴のお料理のメインメニューの
ヒレステーキとフォアグラのトリフソース添え。
これが美味しかった!
わが人生の肉料理で最大に美味しかった。
テーブルを同じくした人々も、皆、静かになってしまい、
うつむいて黙々とお皿に向かっていた。
「美味しいですねぇ」と隣の見知らぬ男性に
話しかけると、少年のような顔になって
コックンとうなずいていた。

追記:メルマガを読んでみたい人は下記で読めます。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000073726


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.