つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/10 超絶技巧の贅沢霜柱
2020/01/28 小さな春からのメッセージ
2020/01/22 命とか希望とかピザとか
2020/01/15 温故而(しこうして)知新
2020/01/12 初めてのような懐かしいような神社

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2006/04/20(木) 「かもめ食堂」という生き方
一昨日、通院と病院訪問ボランティアの合間の時間が
ポッカリ空いたので、私の好きな小林聡美が主演で、
前から気になっている「かもめ食堂」を一人、恵比寿で観た。

フィンランドで食堂を始めた女性の日常を淡々と描いていて、
ノンビリの進み方がよかった。
(細かいことは描かれていないから、一体どんな経緯で
いくらかけて食堂を経営しているのか、そしてあんなに暇で
いくら北欧とはいえ本当に暮らしていけるのか?
とか、色々と突っ込みたいところはあったが…)

特に私のジーンとしたシーンは、暇だったかもめ食堂が
やっと満席になった日があり、主人公が一人でプールで
泳ぎながらそのことをうれしそうに、そっとつぶやくところ。

ワンセルフもよくよく考えれば「かもめ食堂」だなぁ。
好きなことをノンビリと、でも一応、東京の中心で
ずっと17年、やっているわけだから。
そんなことを思って夜に帰宅しメールを開けたら、
今週末からのカードセラピスト養成講座、一応、
満員としていたけど、(って、HPもなくて、あんまり
これはまともに宣伝していないんだけど)
さらに2名の方からお問い合わせが入っていた。
今までで最大の人数でスタートしそう。
とはいえ、狭い事務所だから、たかがしれているけど…。

「かもめ食堂」を観終って、下記の言葉を思い出した。
“物語の中には目に見えるもの以上のものが含まれます”
(確かメリー・ポピンズの作者の言葉)

「かもめ食堂」のエネルギーが私の中に
ムックリと、ホッコリと、入ってきた感じ。(*^_^*)

写真はわが足立区の「かもめ食堂」とでも呼びたいような
千住ションベン横丁の奥の奥で最近発見した「わかば堂」。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.