つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年11月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く
2024/04/20 真面目な整体院

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2006/11/13(月) 通夜が重なり思うこと
11日はカード講座の新しい期が始まり楽しく帰宅したら、
卒業生関係の訃報が2本。

梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』(新潮文庫)に
最愛のおばあさんを亡くした魔女の卵が

「タマシイ ダッシュツ ダイセイコウ」

と心の中で 叫ぶ場面を思い出す。
私もそれぞれの魂の脱出を悲しまず、祝福したい。

T子さんは昔の講座の卒業生。お孫さんもいる。
ご家族ぐるみで来てくれ、唯一文通が10年以上続いていた。
奇しくも自分の入院中、同じ帝京病院に、彼女は
肺梗塞になり救急車で運ばれてきたくらいの不思議なご縁。

もう一人は私の高校のクラスメートで、私の色んな講座に
参加してくれたSさんのお父様が亡くなった。

偶然にも二人の亡くなった時間は20分ほどしか変わらない。

つながりの妙というか、この符合は、何かに「とにかく
行って挨拶してきなさい!」と言われている気がする。

昨日はT子さんの身内だけのこじんまりした通夜に。
会場の寺は木枯らしが吹き、閻魔像があり、
ランプがユラユラして彼岸の入り口のようだった。

でも会場に入るとT子さんのご主人は生粋の寿司職人で
酔っ払って出来上がってしまっていた。
寂しさを必死に江戸弁で冗句にしていて、可愛らしい
昭和の男性像が垣間見え、それはそれで、ホッとする。
そしてさすが寿司職人!通夜の席にはびっくりするほどの
上寿司が並んでいた。本当に美味しかった。(*^_^*)

明日は月に一度の通院、そして仕事の軽い打ち合わせの後に
Sさんのお父さんの通夜に行く予定。

死は怖くないというと嘘になるが、
いつかこの世とお別れする覚悟を構築していくのが
私たちの日常なのだ、と改めて思う。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.