つれづれ気まぐれ乳がん体験日記
進行がんと共に生きる研修講師が綴る日々の気付き
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/25 銀座で三つのモリ
2024/05/14 母の日に捧げる名文
2024/05/08 今さらな話が出来る相手
2024/05/05 最高で最強のアサリとひじき
2024/04/24 風が吹き、雨が降り、花が咲く

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 月 

2005/09/28(水) 聖路加病院&帝京病院
先週はがん患者さんへの訪問ボランティア活動を
している聖路加病院への当番日だった。
聖路加は3〜4万円の個室しかない病院なので
勿論短期で退院させるのだが、とにもかくにもやはり
経済的に平均レベル以上の人が行く病院な気がする。
待合室にずら〜っといる患者さんの服装とか装飾品とか
顔つきとか、やはりおしゃれでおっとりしている。
病院も病室もホテルのようだ。

そして昨日は自分が入院していた帝京病院の
放射線科の半年に一度の面談日。
主治医は独立してクリニックを持っているので、主には
そちらに行くが、大きな検査などはやはり大学病院でないと
駄目なので半年サイクルで訪れるので、本当に久々だった。
つくづく思うに建物が古い、古すぎる。収容所というか、
拘置所みたいだ(行ったことないけど、そんな感じ)
相部屋の差額ベッド代がいらない部屋も多いせいか、
待合室は野戦病院のような有様だった。
くわえ楊枝で歩くオヤジ、ジャージー姿の通院の人の多いこと、
金切り声で何かを警備員に訴えているオバサンなどなど。
どっちがいいとか悪いではないけど、
あまりの落差をおよそ1週間の中で体験すると何やら
複雑な気持ち。

やはりもし再発してももう帝京には行きたくないかも。
でも聖路加にはとても入れない経済状態の私。
がん保険も入っていなかったし。
今日の放射線科の医師も入っていないらしい。
そして最近、糖尿を宣告されたとしょげていた。

写真は近代的な聖路加の勇士(?)。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.