ヨルノマボロシ
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2004年10月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2012/03/31 個展のお知らせ
2011/05/22 久々のおしらせ。
2011/02/18 お詫び
2010/06/01 エマニエルサンフラワー
2010/05/08 おしらせ

直接移動: 20123 月  20115 2 月  20106 5 4 月  200911 8 6 4 2 月  200810 8 月  200710 9 8 7 6 4 3 2 1 月  200611 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 8 7 月 

2004/10/28(木) 月より遠い所、それは・・・
宇野亜喜良先生のライフワークのひとつ「ダンス・エレマン」を観に行く。
10回目となる今回は、O嬢の物語を下敷きに寺山修司がかつて映画化した物を宇野さんが自ら脚色し芸術監督をつとめた、窮極のエロスとタナトスのダンスワールド『上海異人娼館』
ダンサーに加えてゲストに女優・緒川たまき、ヴァイオリニスト・川井郁子出演の贅沢なショウである。

1920年代-東洋の魔都・上海。世界の崖から流れついた艶やかな女たちが霧の夜の迷路を駆け抜けていった。紅くまた蒼く、ランタンの灯りが招く、そこには「春桃楼」と呼ばれる異人娼館があった・・・(フライヤーより)


あまりにも脆弱に見える装置の上で繰り広げられる様式化された性交シーンはこちらの精神を妙に不安に、しかも大胆に刺激する。
ダンサ−たちの鍛え上げられた肉体と緒川たまき氏の意外な程なまめかしい演技の一体化。そしてなにより僕の心を揺さぶったのは川井郁子氏の演奏と演技であった。無言劇を続けながらの完璧で官能的な音。途中何度も鳥肌が立ったが、エピローグでのソロ演奏では不覚にもちょっとだけ泣いてしまった。

3〜4千円(B席)でこんな素敵なパフォーマンスが堪能できるなんて。幸せである。そして舞台最後のナレーション・・・

「月より遠い所、それは・・・GE・KI・JO・U」




※個展「プラトニック」への御感想はコチラ「期間限定掲示板」へおよせください。
http://www.bbsplus.net/cgi-bin/m3/joy.cgi?id=masaru


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.