ヨルノマボロシ
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2004年1月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2012/03/31 個展のお知らせ
2011/05/22 久々のおしらせ。
2011/02/18 お詫び
2010/06/01 エマニエルサンフラワー
2010/05/08 おしらせ

直接移動: 20123 月  20115 2 月  20106 5 4 月  200911 8 6 4 2 月  200810 8 月  200710 9 8 7 6 4 3 2 1 月  200611 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 8 7 月 

2004/01/09(金) 天才来る!
池袋シアターグリーン(1)が小屋をたたむらしく、そのクロージングイベントとして、天才・天野天街が昨秋につづき東京公演をおこなった。今回は「少年王者館」ではなく「KUDANN project」の二人芝居である。題して『真夜中の弥次さん喜多さん』(作・しりあがり寿)

★STORY★妻を包丁で刺し殺してしまった弥次さんと、その愛人でヤク中の喜多さんは、この世の”リアル”をもとめてお伊勢参り
へと旅立つ。とある川辺の宿でふたりは雨で足止めをくらう。幾日も降り続く雨の中、そこはしだいに行く当てのない想念で満たされ、ふたりは夢と現の狭間を揺れ動く・・・・・(フライヤーより)

弥次さんの夢の中にいると思っていた喜多さんが実は現実で、その夢の中で翻弄されているのが弥次さん・・・かと思えば現実のうどん屋に舞台上から出前をとり、ふたりはそれを喰らうがうどんは我々の目には映らない・・・「タビ」は「死」に、「照明」は「シオ梅」に・・・生と死、夢とリアルのメリィゴーラウンド。
時空の堂々回り、因果律の逆転、言葉の破戒、再構築は天野演出の常套手段であるのに、そのマヌエリズムに観客はまたも身をゆだね酔っててしまう。
あぁ気持ちが良い。

終演後、客のひいた小屋で打ち上げ。安物の美酒に酔う(2)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.