たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年2月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/03/24 脳梗塞で急遽入院
2019/02/23 柔道部を止めて放送文化部へ
2019/02/08 岡大へ行くことに
2019/02/03 昭和38年の春のこと
2019/01/31 母の涙

直接移動: 20193 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月 

2019/02/23(土) 柔道部を止めて放送文化部へ
岡山大学法文学部法学科へ入学することの出来たわたしはどこのクラブに入るか、迷っていた。空手部からも誘いがあった。少しだけ心は揺れたものの、本命は剣道部にするか、柔道部にするか、ぐずぐずと迷っていたのであった。西田君は彼の念願の目標通り弁護士をめざしていた。豊田君はラグビー部に入部した。ボロボロの服装で通っていたわたしはかなりの変わり者と思われていたようだった。本人は質実剛健を気取ってはいたもののそうは受け取ってはくれなかったようだ。柔道部の先輩の大野さんは下宿でニワトリを飼っていたがそんな大野さんを真似ていたのであった。5月の連休が終わったころにもうそろそろ決めなくちゃと思って、柔道部へと向かった。すると、その途中で豊田君とバッタリ会った。
「おい、田畑。何処へ行くんなら?」
「おお、豊田か。ラグビーはどうなら?わしはこれから柔道部へ行くところじゃが」
「そうかあ。やっと決めたのか」
「どうしたんなら?何かあるんか?」
「いやー、あのな、放送文化部を知っとるか?」
「いや。知らん。部室もどこにあるか知らん」
「いやな、ラグビー部の隣にあるんじゃが、田畑よ。お前は放送文化部へ入らんかのー?」
「なんで?これから柔道部へ行こうと思っとる」
「放送文化はの、田畑、美人ばっかりじゃ」
「それがどうした」
「いや、そこでな、田畑が放送文化部へ入ってわしに紹介してくれんかのー。そう思うての」
それからあれこれ話しているうちに豊田の熱意にほだされてというか、負けてというか、わたしは柔道部へ行かずにその足で放送文化部の門をたたくことになったのだった。
わたしのいいかげんさはここでも発揮されたのであった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.