たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年9月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2018/10/18 まだまだ遠い操山高校
2018/10/17 1年生の教科書とにらめっこ
2018/10/13 捨てる神あれば拾う神あり
2018/10/12 ニュートンって安井先生じゃなかったの?
2018/10/11 今の目の前のことにも集中しろよ!

直接移動: 201810 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2018/09/17(月) 大石くん
1年生のクラスではわたしの左隣の席はSさんというかわいらしい女性でした。今でも同窓会では彼女はどうしているかと話題になるほどです。わたしは彼女に特別の感情は抱きませんでしたが、成績が良く、かわいい彼女はみんなの憧れの的のようでした。同級生の話では(彼らは同級生のあれこれをよく知っていることにいつも感心させられますが)彼女の結婚生活はあまりよくなかったとのことで、同窓会にも出席したことがありませんから、その分だけ彼らの思いが深くなっているのかも知れません。それはともかくとして、中学校で知り合ったわたしの第一の親友は大石くんでした。彼の人間性のすばらしさはわたしには到底真似ができません。本当に優しいのです。わたしはどちらかといえばガサツですが、彼はとってもおっとりとしています。彼はお母さんと二人暮らしでした。お父さんは戦死したとのこと。しかし、暗さは微塵もありませんでした。お母さんの優しさが彼に丸ごと遺伝したのだと思えるほどです。そして、彼は人づきあいの天才だとも思えるのです。わたしに対してもわたしの心中に土足で踏み込むようなことは一切ないのですが、いつも傍にいて優しく接してくれるのです。今、思えば、わたしもこんな人になりたかったと思うのですが、もう遅いかも知れませんね。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.