たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年8月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/04/19 退院しました。
2019/03/24 脳梗塞で急遽入院
2019/02/23 柔道部を止めて放送文化部へ
2019/02/08 岡大へ行くことに
2019/02/03 昭和38年の春のこと

直接移動: 20194 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月 

2018/08/30(木) 天照大皇神
吉田くん家の思い出をもう一、二挙げて置こう。彼の家は農家であった。戦後の農地改革で地主になったという。彼の家の前は広い農作業場であった。前には母屋と横には納屋とがあった。富田から奥田にかけては全面田んぼであった。ある時、竜巻が発声した。田んぼの中を南から北へとさまざまなものを巻き上げ、渦巻いて通り過ぎた。われらは茫然とそれを見つめていた。今のところ、生まれてから74年にして、初めてで最後の経験である。彼の家の近くには農家であるから当然であるが、わら黒が作られていた。彼を迎えに行くとどうしても少しばかり時間がかかる。彼だけではなく数名が集まらなければならないからであった。そこで秋から冬になるとどうしても口が寂しくなる。そこで市場でサツマイモを5個〜10個余分に仕入れをして、吉田くん家のわら黒からわらを抜いて、焼き芋をつくる。わたし一人ではなく、当然みんなにもわけるのだが、これが母親からこっぴどく叱られる原因となった。ある時、母親がものすごい剣幕でわたしを叱るのだ。最初は何が何やらよく分らなかったが、しばらくすると、事態が飲み込めた。−吉田くんの親がわが家に怒鳴り込んできたのだ。そして、「わら黒をケンチャンが燃やしてしまった。わら黒の代金を支払え」ということで母はそのわら黒代を支払わされたーということであった。事実であるから当然母には詫びたが、胸の内には釈然としない部分もあった。(俺だけじゃないじゃないか。みんなに焼き芋食わせたのに・・・)と。だが、わたしが主導したことは間違いのない事実である。だから、ごめんなさい、ごめんなさいと謝った。もう一つは、吉出家の母屋の玄関には「天照大皇神」の大きな掛け軸が掲げられていた。何だろう?ある日、思い切って聞いてみた。「叔父さん!テンテルダイオウジン」って何や?」叔父さんが答えて「お前はアマテラスオオミカミさまを知らんのか?罰当たりじゃのお。恐れ多くも天皇陛下のご先祖さまじゃ」と言って気を付けをした。「へ〜〜」と答えたものの当時は何にも分らなかった。何故気を付けをせんのだ」と言われたが、わたしは戦中生まれではあるが、戦後教育を受けている。従って、天照大神も天皇も尊い方だとの教えは受けなかった。ましてや、気を付けなど出来るはずがないではないか。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.