たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年3月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2018/11/14 このままではお前は留年だぞ
2018/11/09 1人映画部に転部
2018/11/05 おなら
2018/11/04 音入れ
2018/11/03 柔道部への入部を断る

直接移動: 201811 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2018/03/27(火) 神戸を後にして
帰岡にあたって、父は所属会社を通じて軍の許可を得、切符の手配を頼んだところ、6月28日の岡山行きが支給されたようである。軍から住まいとして許可された住居の清掃や返還。生活用品の片づけや処分。それらに伴う手続きやらそれは大変な苦労であったと思われる。高台にあった住まいは幾度もの空襲の被害には逢わなかった。これも父と母の幸運であった。28日は朝から駅に向かったが、それでも汽車に乗れたのは夕方であり、岡山駅に着いたのは夜遅くであったと言う。手荷物は油炒めに使う大きな中華鍋とその日拵えた握り飯。握り飯は中華鍋の中に入れて。後は日用雑貨や貴重品(とはいえ大したものはなかったと母は言うが、食料品であった。当時は食料品がなにより一番の貴重品であった)を入れたリュックサック。それに加えてわたしである。荷物の中で一番大変だったのはわたしであったと思われる。なにせ年齢が1年と1カ月と連れて歩くにはとても厄介な年ごろであった。わたしを背負っての旅であるからなおさらであったと思われる。「お父さん。夜も遅いし、今日はどこかに泊めてもらって奥田に行くのは明日にしましょうよ」と、相談した父と母は岡山駅前の旅館を尋ね、戸を叩き、泊めてもらったというのだ。荷も解かず、着の身着のままで寝たと言う。神戸では毎日着の身着のままで過ごさざるを得なかったのでその通りにしたというのだが、それが我々の命を助ける結果をもたらしたのである。何が幸いであるかは予測しがたいものである。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.