たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2018/11/14 このままではお前は留年だぞ
2018/11/09 1人映画部に転部
2018/11/05 おなら
2018/11/04 音入れ
2018/11/03 柔道部への入部を断る

直接移動: 201811 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2018/11/14(水) このままではお前は留年だぞ
15歳という年の頃は大人の真似をしたい年頃なのであろうか。まずはタバコの味を知るところから始まった。シャイなくせに妙に世の中に対して斜に構えている。青年らしく真っすぐではない。操山高校の角帽を蝋で固めて変形させている。学生服の襟フックと第一、第二ボタンをはずして歩いている。そんな変な野郎が映画館に通っていたのであるが、そんなある日のこと、担任の先生から教員室に来るようにとのお達しがあった。教員室に行くと別室へ案内された。そして「実はな、田畑。1学期及び2学期の中間テスト及び期末テストが4回とも赤点である。お前も知っているとおりだ。3学期も赤点だとお前は留年ということになる。出来れば担任の俺としては留年などしてほしくないわけだ。そこで3学期はまともに勉強してみてはくれまいか。本当は言うべきではないのだが、お前の入学試験の成績はわが校の入学生457人のうちの最後の11人のうちの一人なのだ。(つまり、447番目の最後に入学できた生徒が11人いたということである)他の生徒についてゆくのは難しいとは思うが、何とか努力してほしい」と担任はわたしに告げたのであった。そこで、「つまらない。何とつまらない、ああ、つまらない」と思っていた授業をわたしは少しばかり真剣に聞くようになった。が、まだ「一人映画部を卒業」という訳にはいかなかった。それでも授業をキチンと受けるということは大切なことである。解からないことが解かるようになるだけでも大きな前進である。こうして授業を真面目に受け始めると面白いことが判明した。どうしても英語と音楽に違和感を覚えるのだ。(外国の言葉など必要ない。音楽の先生が好きになれない)などと自分に言い聞かせるが、今思えば、それでも好きになろうという努力と勇気が欠けていただけであった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.