たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年8月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2018/10/18 まだまだ遠い操山高校
2018/10/17 1年生の教科書とにらめっこ
2018/10/13 捨てる神あれば拾う神あり
2018/10/12 ニュートンって安井先生じゃなかったの?
2018/10/11 今の目の前のことにも集中しろよ!

直接移動: 201810 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2017/08/31(木) 魚の小骨(33)パリの武器見本市
「北朝鮮がミサイルを発射する前日になぜ安倍首相が首相官邸にいるのか?事前に知っているからに違いない」との情報がネットで流れているようです。わたしも米軍情報が事前に流されていると思っています。そうでないと一昨日のアメリカの落ち着きようは合点がいきません。米軍情報が事前にある時とない時で菅官房長官の対応・会見が微妙に違うのもうなづけます。前回と今回の違いにその状況が見受けられます。北朝鮮が何かやると安倍首相の支持率が上がります。ネットには「森友だの、加計などグタグタ騒ぐな。北朝鮮の脅威への対応が先だ」との書き込みが踊りまわります。こうした北朝鮮の核ミサイルの挑発を利用して日本国民を操作する安倍首相の姿勢が透けて見えます。そしてそれは何を見据えているのか?と言えば、憲法 9条の改悪、日本の武装化・海外派兵です。核兵器製造も視野にはいっていることでしょう。だから核兵器禁止条約制定に反対するのです。世界の流れに抗して。自衛隊を名実ともに軍隊にしようとする企みです。その前段が3年前の2014年4月1日の「防衛装備移転 3原則」の閣議決定です。これで国外への武器輸出を可能にしたことです。2014年9月に「武器輸出に係る NHKの報道」がありました。「防衛装備移転」閣議決定から半年。どのように変わったのでしょうか」というものです。内容は6月に開催されたパリでの武器見本市の密着取材を中心に編集されていました。世界からは1500社が出展。日本からは防衛省主導で12社が初めて出展したと言います。装甲車、無人飛行機・・・などあらゆる武器が展示されています。その中で世界各社からの最初の反応の紹介が驚きでした。三菱重工の展示品は地雷処理装置付きの重機である装甲車のようでしたが、ブースを訪れた人たちの「三菱が戻ってきた」との喜びの声でした。防衛省装備政策課が世界の軍関係者、企業と日本の企業の仲介をしています。防衛省装備政策課長が仲介しての軍関係者及び企業との会話は数時間に及ぶと言います。フランス軍関係者・企業との会話時間は8時間。何が話し合われたかは取材拒否でしたから内容はわかりません。防衛省装備政策課長の関心は「わが国は戦争をしないできた。そのため実戦の経験で改良が加えられた、加えるべき改良点を見つけたい」というもので、実戦を想定しての武器の改良が中心視点でした。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.