たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年8月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2018/08/12 転校
2018/07/19 困った奴ら
2018/07/17 ケンちゃん空を飛ぶ
2018/06/05 夢と消えた百円札
2018/06/04 チョコをくれたのは誰?

直接移動: 20188 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2017/08/23(水) 魚の小骨(25)裁かれなかった罪
731部隊は1936(昭和11)年に設立され、軍医・石井四郎が部隊長となった。前年の東北は凶作であり、娘を身売りするという問題が起きるほど貧困が問題であった。このような時は「民の目を外へ向けさせる」が鉄則である。また、東大教授・美濃部達吉氏の天皇機関説を貴族院で問題にした。「天皇は神である。主権は天皇にある」と。軍部はそして、この年、日本はロンドン軍縮会議から脱退させた。「米欧と軍縮の比率が違うのはケシカラン」と。2・26事件(皇道派青年将校の軍部内閣設立をめざすクーデター)が引き起こされた。結果は失敗に終わったものの日本のファシズムは完成に近づいた年となった。陸軍内部のファッショ的手法の皇道派と軍が統制する軍部独裁を主張する東条英機などの統制派の覇権争いは統制派が主導権を握った。その結果の一つが軍部大臣現役制を復活させたことである。二つめは、ヒトラーとの提携を図り、日独防共協定を成立させたことである。この防共協定は翌年に伊を加えて三国となり、4年後の1940(昭和15)年に日独伊三国軍事同盟へと進められた。このような状況の中で設立された731部隊の任務は細菌兵器を開発してソ連に対抗するというものであった。5年後の1941(昭和16)年に締結された日ソ中立条約はあくまでも南方作戦を展開したいがために大東亜戦争開戦を目前として北への余力がない日本とドイツと交戦中で東への余力がないソ連の妥協の産物でしかなかった。日ソ両国が隙あらば、余力が出来れば戦闘開始という状況は当然の帰結であったであろう。731部隊長・石井四郎に委託された1940年の予算額は約1000円(現在の額にして約300億円)であったと言われる。チフス菌研究の第一人者であった田部井和(かなう)氏には別途の金が現在の額とすれば約500万円田部井氏個人に支払われたという。また、京大の戸田医学部長が教え子を731部隊に送る見返りとしては現在の額とすれば約2億5千万円が研究費として支払われたという。もちろん東大総長長与氏とのパイプも同様に利用された。こうして集められたエリートたちはマルタと呼ばれた中国人、満州人、ソ連人に砂糖水にチフス菌を入れて飲ませる、ペストに感染させたノミを獄の中に入れる、スイカにチフス菌を注射して食わせる、ペスト菌・パラチフス菌を3千ケの饅頭に入れて住民に配るなどしたという。そして、少なくとも3回はこのような細菌兵器を中国国内で使用したというのだ。しかし、天皇を初め、戦後暗躍する戦前の為政者たち、政治ゴロたちは日本を反共の防波堤にするという名目で罪に問われることはなかった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.