たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年8月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2017/10/22 過ぎ行く日々に
2017/10/21   ばくの野辺
2017/10/20   姫の声
2017/10/19   秋の雨
2017/10/14 魚の小骨(63)米日のために血を流せ!?

直接移動: 201710 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2017/08/10(木) 魚の小骨(13)力なき者は去れ
各社「独立独歩」という三井グループは戦前は最強財閥であった。戦時下、軍需生産増強でこの分野に強い三菱、住友に追いあげられても三井:三菱:住友の払込資本金額比率は10:9:6であったという。しかし、戦後のグループ再結集の遅れもあり、60年代には6:10:8になったという。この出遅れとグループ企業の結束の緩さが住友グループとの合併を産み、あらたな矛盾も引き起こしているという。2015年10月に発覚した欠陥マンション「パークシティララ横浜」はいまシートで覆われ、解体中とのこと。4棟すべて解体し、2020年の再入居の計画だ。グループの御三家、三井不動産が社会の猛烈な批判を浴び、急転直下、住民の決議を取り入れ、4棟建て替えを決定したという。しかし、三井住友建設と旭化成には相談がなかったという。三井不動産は自社のブランドイメージを守ろうとしたわけだが、施工業社との合意なしということは当然杭打ちの不具合の原因と責任、建て替え費用390億円の負担を巡って争いが起きる。そして、この争いは今なお続いているという。グループの結束が強ければ内部での調整ということになるのであろうが、住友グループとの合併で経営危機を脱した旧三井建設の発言力は弱く住友系の色合いが強い三井住友建設と三井グループは当然種々軋みがある。また、第一勧業グループの旭化成は杭の打ち込み作業のデータ改ざん、転用は認めて謝罪したものの設計に大いに原因があると設計者の三井住友建設の責任を追及している。「独立独歩。力なきものは去れ」とのグループの方向性は軍需産業化も各社の責任と力量においてということになるのであろう。但し、東芝などお荷物となるグループ企業を救済する必要がない点を含めての総合評価は今後の歴史の評価にゆだねざるをえないこととなるであろう。願わくは、戦前戦後、軍需産業の色合いが少なかった特色を再評価し、国民の生活に根差した企業運営をグループの理念の中心に据えた再編成をしてほしいと思う。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.