たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2017/04/23 積極的平和主義の効果は?
2017/04/21 安倍は愛国者?
2017/04/18 瀬踏み
2017/04/17 春眠暁を覚えず
2017/04/15 なんでだろう?

直接移動: 20174 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2017/04/01(土) 燕がやってきた
今朝のことである。聞きなれた鳴き声がする。家の周囲を見渡すと東側の壁の去年の巣に燕がやってきていたのだ。この巣は特別高いところにある。この巣であの独特のジイ、ジイ、チイチチチと鳴いている。燕は自分が巣立った巣を覚えているのだろうか?多分覚えているに違いない。遠い遠い旅をしてきたに違いない。そう思えば愛しさが増してくる。去年この巣の雛を狙って大きな蛇が途中まで登ってはドタン、また登ってはドタンと落ちてくる状況を何日も経験した。あの恐怖を経験した雛であろう。それにもめげず大きく成長してまた戻ってきた燕に「ご苦労さん。ありがとう。今年もよろしく」と声をかけた。この子が一番乗りだから次々とまた彼らや彼女らが戻ってくるだろう。最初は一つだった彼らの巣は昨年は五つになっていた。もうこれ以上増やさないでと思うが、まあ増えれば増えたで仕方がないやとも思いつつ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.