たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2017/09/25 魚の小骨(56)リーに懸賞金5百万ドル
2017/09/24 魚の小骨(55)まるで暴力団だな
2017/09/23 魚の小骨(54)石油の為の戦争!?
2017/09/21 魚の小骨(53)ブッシュってどんな人?
2017/09/19 魚の小骨(52)アメリカは敵だ!?

直接移動: 20179 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200411 10 9 8 月 

2017/04/23(日) 積極的平和主義の効果は?
米軍空母カール・ビンソンの部隊と日本の海上自衛隊が共同訓練を始めたという。カール・ビンソンの航路がトランプ大統領の北朝鮮威嚇発言とは異なる方向へ向かっていたと報道されたことへの軌道修正が行われた結果なのであろう。いずれにしても核兵器の使用可能な今日の戦争は一般市民が標的となる。北朝鮮がもしも、・・・もしも・・・万万万が一の場合の標的は韓国、及び日本であろう。日本政府は北朝鮮がミサイルを発射したら化学兵器を想定して手ぬぐいなどで口を覆って逃げろという。だが、そんなことは出来っこない。第一、日本政府は北が失敗したというミサイルの発射さえ正確に知っていない。米軍発表をオウム返しに報道させているに過ぎない。にもかかわらず国民の不安を煽り、身の危険を守るには安保及び米軍しかない、と思い込ませている。だが、本当にそうだろうか。日本が平和憲法に示されたとおり武力ではない平和外交に徹すれば、核兵器禁止という世界の流れに率先して働けば(現在の安倍政権のように逆行するのではなく)、米軍基地を無くせば、日本が狙われることはないのではないだろうか。安倍政権のめざす積極的平和主義とは結果として戦禍の危険を増大させていると思われる。積極的平和主義の効果は無く、平和と逆行している考えだと言わざるを得ない。

2017/04/21(金) 安倍は愛国者?
ふとしたことで知り合った知人が「安倍首相は愛国心を持っている。経済もよくしてくれた。大したものだ」という。めんどくさいから黙ったままでいたら「どう思う」と何度も聞くので「仕方がない。縁が切れたらそれまでだ」と覚悟を決めた。そこで彼に尋ねた。「愛国心って何だ?」と。それは「国を愛する心だ」と彼。「ならば俺は安倍に負けていないぜ。岸信介の亡霊に取りつかれて軍国推進、思想統制、共謀罪という戦前の治安維持法復活がどうして愛国なのか。亡国ではないか。愛国者ではなく亡国者というなら俺も納得する。経済をよくした?どこがよくなった?アメリカにばっかりバッタみたいにぺこぺこして、沖縄県の扱いは日本国内の県の扱いじゃないだろ。日本の首相とは言えないね。トランプがドルが高いと言ったらたちまち円高ドル安だろ。アベノミクスの失敗は君も認めるべきじゃないか。年金は下がるは、物価は上がるは、保険料は上がるは、それに見合うほど給料が上がってるのは一部だろ」と言うと今度は向こうが黙ってしまった。気まずい空気に耐えかねて「じゃあ又な。今度ゆっくり酒でも飲もう」とさよならをした。

2017/04/18(火) 瀬踏み
「おーい、ケンちゃん。危ねえぞ。瀬渡りする時ゃそろっとな。よお確かめて行けよ」とシジミ採りをする時、大人が瀬踏みの大切さを教えてくれた。大きな川の中には幾つかの砂の盛り上がりがあり、その間には水流があった。この砂州と砂州の間の水流を渡る時の心得である。水の底を足で探りながら安全性を確かめてからそろそろと渡るとシジミというお宝に巡り合えるのである。大きなシジミがいっぱい採れると右手で鼻をこすったものである。米軍のペンス副大統領が昨日韓国で「米軍の力を試すな」と韓国の黄氏と会談した際の北朝鮮へ警告した発言がまさにその瀬踏みへの警告である。最近の北朝鮮の金正恩の行動を瀬踏みと受け取っている証拠でもある。北朝鮮は核実験とミサイル発射を脅しに使いながらどこまでなら許されるのかを確かめていると思われるからであろう。さて、瀬踏みも無理をすると誤まって足を滑らし、溺れることがある。北はやんちゃもほどほどにしたがいい。

2017/04/17(月) 春眠暁を覚えず
「春眠不覚暁 処々聞諦鳥 夜来声風雨 落花多少知」と60年安保を知る大学時代の先輩がよく歌っていた。いや、歌っていたというよりは唸っていたという方が正しいが、折に触れよくこの歌を想い出す。最近は5時を過ぎると辺りが明るくなり始める。ホーホケキョと鶯が、ツイーツイクツクツクと燕が「さあ朝だ。起きろよ起きろ」と鳥たちが啼き始める。そこでわたしはエイヤっと起きる。そもそも人類は眠るのが苦手な動物のようだ。睡眠の専門家は「荒野で暮らしていた時代に夜には動物に襲われ、ちょっとした物音にも目を覚まして生き残った祖先がわれわれの体内に生きている」という。そのため、現代人の2〜4割の人が睡眠に苦しんでいるというのだが、そうするとわたしは祖先の時代であれば落ちこぼれ組ということになる。よくも悪くもぐっすりと眠れる。睡眠中に襲われたらひとたまりもないだろう。だが、現代でよかった。猪も庭までは来るものの家の中まではやってこない。だが、動物たちが生きるのに懸命だとの思いは伝わってくる。特に、燕には感心させられる。差早くから夜遅くまで虫を捕らえてはあの速さで巣に戻り、また出かけるのだから。休むということがなさそうだ。白鷺をはじめ鷺たちはじっと川で脛を水で洗いながら立っている。まるで哲学者のように身じろぎもせず立っている。これはこれで大変なことだ。わたしには出来そうにもない。川の中ではカワニナが蛍の幼虫に狙われている。生きるということの凄さを知れば知るほど「春眠不覚暁」の歌も深みを増してくるように思える。自然から遠ざかってゆく子供たちよ。出来うる限り自然との接点を増やせよと願うとともに吉備の大地を愛せよと願う。

2017/04/15(土) なんでだろう?
朝鮮半島が有事だと日本政府は国家安全保障会議で対応策の検討に着手したという。緊迫感の演出とも受け取れるし、それは森友学園問題のすり替えだとも思える。アメリカは空母カール・ビンソンを朝鮮半島へ向かわせていると緊迫感を演出している。その証拠にカール・ビンソンがそれほど急いでいる様子はない。今日がXデイならば急行したはずだがその気配はない。北朝鮮は各国メディアを一連のイベントに招待している。一触即発を考えているならばこうしたことはやらないはずだ。トランプ氏は米中首脳会談で朝鮮半島の有事か否かは中国の周氏にゆだねられている、とボールを周氏に投げたと強調している。しかし、周氏には慌てた様子は一向に見られない。わたしには北朝鮮「金」はこれまで相手にしてくれなかったオバマ氏とは違って、過剰反応で相手をしてくれるトランプ氏に「対話・経済譲歩」の臭いを嗅ぎつけたのではないだろうか。
米日の対応と新聞、TVの有事報道にわたしがなんでだろう?と思うのは朝鮮半島有事を目前にして「なぜ?朝鮮半島に一番近い日本の円を買うのか?なぜ今円高ドル安になるのか?」「なぜ韓国の株価が下がらないのか?」という事である。もし有事であるならば米欧日韓の大企業や投資家が知らないわけはないはずである。そうであるならば円は買わないし、韓国の株も買わないはずだとわたしは思うのだが。

2017/04/13(木) たかが大統領、されど大統領
米国の大統領の影響力の大きさには昨年11月以来驚かされ続けている。昨日はトランプ氏が「ドルが高すぎる」と発言した。すると円買いドル売りとなり、1日で1円も円が高くなった。株価は大荒れで昨日と今日の2日で320円(日経平均)も下がった。1か月前の先月13日の日経平均株価が19633円だったので今日の株価18426円と比べると1月で1200円以上も値下がりしたことになる。トランプ氏が「中国も、日本も為替操作をしている」と批判を続けた結果でもある。今回のシリア攻撃で米国内のトランプ支持率が上がったという。共和党も民主党もシリア攻撃を支持したという。つまり「世界の警察アメリカの再来」を歓迎したというのだ。武力で世界を牛耳るアメリカに未来はないと思うのだが、北朝鮮のドン(金)も含めて武力依存である。トランプ氏の場合も「たかが大統領、されど大統領」という絶大な権力を持っているだけに恐ろしい。戦争という事態だけは避けてほしいものだ。武力は地球国家のみが所有するという形態に変えてほしいものだ。

2017/04/11(火) 忖度って何?
最近流行している言葉に「忖度」(そんたく)という言葉がある。国有地をけた外れに安く払い下げたり、安倍首相夫人の昭恵氏が深く関与していた森友学園問題で有名になった言葉である。安倍首相や昭恵夫人が直接命じていなくてもその意を汲んで役人が動いたというものだ。だが、この聞きなれない「忖度」とはどういうものなのだろう。当用漢字字源辞典を引いてみるとりっしんべんは心であるとある。心は要であり、中心である。寸はすん、そんであり、ごくわずかなことである。一寸は一尺の十分の一であり、長さの単位だとある。ふむ、これでは?よくわからない、と思い、読み進めるとソンの音はサンから来ている。算(サン)は脈拍を数える意であると。つまり、心を以って脈拍を数える、つまり推し量るということである。では、「度}(たく)とは?辞書には、・・・う〜ん、これだ。「きまり、規則」であるいう解がぴったりとくる。そうであるとするならば、「忖度」とは、他人の心を指を当てて脈拍を推し量る如くにその心中を推し量る規則であるということになる。なるほど、「忖度」とは言われなくてもその心意を汲んで実践するための規則、ルールだったのだ。「言わなくてもわかるだろ。ちゃんとやっておけよ」との上司の言葉も言われなくてもわかってやっていたのだ。だが?だが・・・?待てよ。お役人さんの給料って国民が払っているんだよな。だったら!役人は国民の心を忖度するのがあたりまえなのに逆だよね。ましてや、国民の財産をけた外れに安く売って国民に損害を与えるなんてことあってはならないことじゃないの!?罪悪感ってないのかねえ。

2017/04/08(土) トランプのシリア攻撃に思う
トランプ氏が習近平氏との米中首脳会談中にミサイル・トマホーク59発でシリア軍施設を破壊した。理由は「シリアが化学兵器を使用した。人道上許せない」というものだ。しかし、本音である「北朝鮮を何とかしろ。出来なきゃ俺がやるぜ」との習氏中国への「脅し」が透けて見える。まさにギャングの手法である。シリア内戦はロシアが支援するアサド派とアメリカが支援する反アサド派、及び内戦を機に勢力を拡大しているイスラムステート(IS)との間で死闘が繰り返され、多数の市民の命を奪うとともに500万人もの難民を生み出してきたが、この攻撃でますます混迷を深める結果を産み出した。もちろん彼は結果に責任をとらないであろう。安倍氏はこのトランプ氏の行動を支持すると尻尾を振ってすり寄った。そして引き上げていた韓国大使を急遽理由も示さず韓国に戻した。いざという時に韓国に日本大使がいなければ在韓邦人3万人の生命に危険が及ぶと責任が取れないからであろう。北朝鮮が韓国又は日本を攻撃する危険性はますます増大した。このような内戦の悲劇、国家間戦争、さらには第三次世界大戦を止める手立ては、話は少し飛躍し過ぎるが、地球政府を設立し、それぞれの国の軍隊、兵器を無くす以外に無いのではないかと思う。

2017/04/04(火) 桜と弁当と五合瓶
桜は日本人に最も愛されてる花である。散り際の潔さがよいと言う人も多い。なになに、花より団子じゃ。いやいや団子より酒じゃ、と言う人も多い。猪口に揺れる酒にひらひらと舞い降りたひとひらの桜の花びらを愛でる趣向は現在では少なくなったようだ。このような静寂の中の幽雅さを愛でる風習は気障に映るからかも知れない。しかし、何でも一番を競う人たちは居るもので、「桜はうちが一番じゃ」と一番争いも激しいようだ。聞くところによると、そもそも日本本来の桜、つまり山桜(緑の葉っぱが先に出る。桜花が白くて可憐である)はヒマラヤにその起源を持っているようだ。その後、中国を経て日本に渡来したと言われている。そこで我が一番と主張しているのが韓国らしい。中国は桜ではなく梅を愛でるので一番争いには加わらない。だが、韓国で桜を愛でたという報道に接したことはない。わたしの目が曇っているのだろうか。ワシントンの桜の方がわたしの目にはよく映る。さて開花が遅れていた桜もいよいよ謳歌する季節到来だ。お弁当と五合瓶を用意しなくちゃ。おっとっと猪口もいるな。

2017/04/03(月) パン屋さんじゃ何故ダメなの!?
道徳って何だろう?他人に迷惑をかけないでみんなが仲良く暮らしていくルールじゃないかとわたしは思う。親たちが教えればよい話である。子供たちに学校で薫陶・教育するものでもあるまい。確かに、法を守ることは道徳以前の問題だが時にわたしは迷うことがある。悪法も法なり、守るべきだとの見解である。また、法整備が不備で困るものもある。例えば、明治以来法整備をせずに放置している財産区などの法もある。政治家も役人もこういうことには無頓着で放置したままである。その上、法律を守らない高級、高給官僚は野放しである。しかも、人に法を説く教育者ときては始末が悪い。天下りの斡旋に余念が無く、法もルールも無視である。そんな彼らが巣くう文部科学省の役人が子供たちに人間としてのルールを説く教科書を検閲して「町でパン屋を見つけた」との記述を我が国の郷土や文化に愛着が持てない」からと「和菓子屋」に変えさせたという。何と無益で馬鹿馬鹿しいことか。明治以来我が国にパン屋は定着しているではないか。パン屋さんにも非礼ではないか。どうしても道徳を授業で教えなければならないのであれば、道徳の教科書には「長じて天下り斡旋などの行為をしてはならない」と書き加え、教えるべきではないのか、とわたしは思う。

4月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.