たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/04/19 退院しました。
2019/03/24 脳梗塞で急遽入院
2019/02/23 柔道部を止めて放送文化部へ
2019/02/08 岡大へ行くことに
2019/02/03 昭和38年の春のこと

直接移動: 20194 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月 

2016/12/01(木) 日露の領土問題について(28)
しかし、北海道のすぐ傍(国後島など)にロシアがミサイル基地を建設するとなればアメリカはどうするであろうか?米ソ冷戦後もクリントン、ブッシュ、オバマと3代の大統領は大陸間弾道弾、潜水艦弾道ミサイル、戦略爆撃機の核の三本柱を維持してきた。米ソ冷戦下に於いては数先発の核ミサイルが発射可能な状態に置かれていたというが、現在も1800発の核ミサイルが即時発射の態勢に置かれたままだという。11月の大統領選の結果、今度は核兵器発射ボタンがトランプ氏にゆだねられた。ロシアが核攻撃をしたとの警戒情報があればアメリカが核攻撃の発射ボタンを押す大統領の決断の猶予は10分だという。誤報であれば大惨事を引き起こすことにもなりかねない。この核の傘に日本政府はしがみついている。ロシアのプーチン氏もそのことをよく知っている。「核無き世界」実現の夢は今大きく揺らいでいる。だからこそ今日本国平和憲法、国民主権の大原則に立ち返る必要があるのではないだろうか。このことの重大性を強調して日露領土問題の締めくくりとしたい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.