たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年12月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/04/19 退院しました。
2019/03/24 脳梗塞で急遽入院
2019/02/23 柔道部を止めて放送文化部へ
2019/02/08 岡大へ行くことに
2019/02/03 昭和38年の春のこと

直接移動: 20194 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月 

2013/12/05(木) 山はすっかり冬支度
日近の農地転用の許可がおりたので次のステップへ。現地立会など所用のため出むく。日近川のせせらぎの音を聞きながら山を見る。山はすっかり冬支度。椎や小楢などの広葉樹が色づき、葉を落とし始めていた。色づきはモミジやカエデ、ウルシなどと違って鮮やかな紅の華やかさはない。だが、山は樫の皮で染めた茶の継ぎ接ぎだらけのどてらを着て眠っているようだ。その一角で誰か落葉や草を焼いているらしい。一筋の煙がゆっくりと立ちのぼっている。まるで山親父が煙管で煙草をくゆらせているようにも思える。これから山親父は囲炉裏の傍で厳しい冬を過ごすのであろう。
どてら着て煙草くゆらせ山眠る


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.