たばたけんじの日記 (田畑 賢司)
元 岡山市議会議員 田畑けんじ の日々思うこと…
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2019/04/19 退院しました。
2019/03/24 脳梗塞で急遽入院
2019/02/23 柔道部を止めて放送文化部へ
2019/02/08 岡大へ行くことに
2019/02/03 昭和38年の春のこと

直接移動: 20194 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 6 5 4 3 月  200912 11 10 8 7 6 4 月  200812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  200712 11 10 9 7 6 5 4 3 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月 

2006/10/18(水) 飯炊き1
ぼくは飯炊き名人だった。家族の誰よりもおいしく炊けたと今でもぼくは思っている。井戸水を汲み置き、かまどで炊いた。火加減は今でも記憶している。黄色い稲株と青草が美しく広がっている刈田を見ると飯炊きを思い出す。しかし、日本は農業を捨てつつあるという気がする。食料自給率をみても、主食の米の生産者米価をみても、百姓が農業で暮らしていけなくなっている。来年度から「品目横断的経営安定対策」という名称のわけのわからない農業経営破壊政策が実施される。岡山市では個人で4ha以上の農家は数えるほどしかいない。自民・公明の政府与党は瑞穂の国の美田と風景をわずか十年か、二十年で失くすことになる。よくもまあ、それで、美しい国をつくろうなんて言えたものだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.