ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年5月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2017/04/12 掲載
2017/03/25 ドラマを見たり、アニメを見たり
2017/03/07 花粉はまだそんなに
2017/02/28
2017/02/25 応募は本日まで!

直接移動: 20174 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 月 

2013/05/31(金) 絵心をチェック
ARiAにて連載の山中ヒコ先生の
「王子様と灰色の日々」の連載が終了してしまったー。
でもラスト良かったー。

----------------------------------------


母じゃないです。私の話。

ちょっとお腹が冷えるので腹巻を用意。

更に旅行用に買っていた足用のホッカイロで
お腹の前と後ろをガードです。


せっかくだし絵を描いてみました。


このホッカイロ…四次元ポケットに見るか、
小さいパンツを貼り付けてると見るかは
あなた次第!

2013/05/29(水) ぼうし
ツイッターでも上げてしまった話です。すみません。


昨日、兄と電話で「ベタって面白い」ということについて
語り合っていました。



兄はベタとはちょっと違うけどと話し始めました。

「うちの母ちゃんがこないだ帽子が無い無いって言ってたんだけど

その後に『無いと思ってた帽子、

今かぶってるヤツの下にかぶってたわー』て」 



ベタじゃない。どうなってんのよ。

2013/05/16(木) やる気
うおー、やるぞー


-----------------------------------------------
全然関係ないですが、昨年描いた色紙の写真があったのでアップ。
渋谷のTSUTAYAさんでのサイン会の時のものです。

2013/05/10(金) やばい、長くなってしまいました
発売して大分経ってしまったんですが1枚イラストを寄稿したお知らせを。

ウィングス6月号で獸木野生先生パームシリーズの最終章
「パーム TASK」が連載開始されました。
http://www.shinshokan.com/wings/


シリーズの各タイトル
「ナッシング・ハート」
「あるはずのない海」
「スタンダード・デイタイム」
「星の歴史―殺人衝動」
「オールスター★プロジェクト」
「愛でなく」
「午前の光 」
「蜘蛛の紋様」
「TASK」

かっこいい…「あるはずのない海」など詩のようなタイトルだったり
「オールスター…」の「★」とか。もうキュンとします。
真摯で熱くて涙がこぼれてユーモアに溢れていて。
この人々が生きてくれていることが嬉しくなる物語です。


ウィングス付録で「プチ パーム・ブック」
作品の魅力が詰まった1冊で獸木先生のインタビューや
強烈な印象を残すセリフの数々の抜粋。
もうめちゃくちゃ胸が熱くなります。

作家や文筆家の方による恋文コーナー。
そこに1枚イラストを寄稿しました。
大変恐縮です;


パームの魅力…私の言語力では全然言葉にできなくてもどかしいです。
是非他作家さんの恋文で皆さんも共感していただきたいです。
パーム、私もコミックナタリーの唐木氏が恋文に書かれた状況と
似ていて;今回の企画のお話いただいてから再読となりました。
申し訳ない気持ちでもあるのですが、今、再アツアツ状態です。


登場人物みんなが愛おしい。


すっごく単純なことを言ってみます…。
パームってそれぞれのシリーズが終わるとき、謎が残らないんです。
全部回答を出してすっごくすっごく気持ちよく終わる。
普通長く続くシリーズであれば引きを作って終わるってことが
あると思うんです。でもパームはそうじゃない。
物語がどんなに複雑に絡んで恐ろしい方向に進んでも
ちゃんと納得できて終わるんです。
凄くいい映画を見れたような気持ちかもしれません。
(それがシリーズ通して続くって。もう…)


…こんなんじゃ伝わらない。
もっともっとすごいんだ。
未読の近い友人だったらお試しで貸しますので
のろしを上げてお知らせください。
http://www.amazon.co.jp/dp/4403500013/



余談です。
獸木先生は真摯でインタビューを読ませていただくと身が引き締まります。
G線上ヘブンズドアの読後感みたいな…。

高校生の頃読んだ獸木先生のインタビューでの一言がずっと残っています。
背景をアシスタントさんに任せずご自身で描かれることについて
「絵だから自分で描きます」という風なお答えをされていて
実はずっと影響を受けています。
私が続けていけるかは自信が無いのですが…;

2013/05/04(土) 大原幽学
移動中に地元の偉人、大原幽学のことが書かれた本を
読み始めたんですが面白いです!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.