ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年7月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2012/05/31 1年間の思想まとめ
2012/05/30 知 ら な い の ?
2012/05/24 ちち
2012/05/23 もち
2012/05/22 スタウラストルム ドルシデンティフェルム

直接移動: 20125 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 月 

2011/07/30(土) ハンマーでバキバキ?
0:0




もくじ
・外電





なぜニコニコMUGENでは、女の子ばかりのゲームの出身…特にデフォルメ化された女の子のキャラは嫌われるのか。
具体的には東方、EFZ、ニトロワなどである。


今の薙に確たる答えは無い。
が、これと非常に良く似た事象を知っている。
ビーマニである。

ビートマニアは、昔はクラブで流れているようなアングラな曲も多かったりしたし、
ヴィジュアル面でも媚びた感じのないチープな映像が多かったりした
(行ったこともないクラブの雰囲気を語ったり、よく知りもしないアングラやチープといった単語を用いています)

しかしビートマニアも2DXとなり進化していくにつれ、アップテンポで明るいユーロビートやトランスが急増。
アンビエントやヒップホップ、バラードなど静かな曲は激減していく。
映像では3D画像を駆使したねーちゃんや、もはやアニメといった感じのイラストが増えていくこととなる。

このことについて、「昔の硬派な感じが無くなって好きになれない」という意見や、
特に映像面において「今のビーマニはキモヲタゲー」などと呼ぶ人が現れたりするようになった。


よく似てはいないだろうか。
格闘ゲームも、元々はむさくるしい男たちが体と体をぶつけあうゲームであり、
女性キャラはまさに「紅一点」という存在だった(それゆえに美人キャラが多かったのだと思う)。
これはビーマニが5鍵時代だったころの「硬派な」イメージである。

一方、東方やEFZなど(少なくとも外見上は)若い女の子ばかりが登場するゲーム、しかも
どのキャラもデフォルメ化されてかわいらしさをアピールしたキャラが大量に出現した。
これはビーマニが2DXになったあとの「軟派な」イメージである。

元々の硬派なイメージに惹かれて格闘ゲームをやってきた人
(皮肉をこめた言い方をすると、格闘ゲームはカッコイイものと信じている人)にとって、
萌えキャラの格闘ゲームが人気を博してくるのは、自分の居場所が奪われていくように感じるのではないか。
相対的に硬派な格闘ゲームは衰退しているのだから。

MUGEN的に言えば、自分の好きだった筋肉マッチョマンが、人形みたいな外見の女の子に
コテンパンに殴られて負けているのを見るのが嫌なのだろう。

しかし。
前に書いたように、MUGENの視聴者は全てを受け入れなければならない。
「xxは嫌い」
というような精神はMUGEN動画の視聴者にとって最も要らないものだ。

薙もビーマニを5鍵時代から知っていて2DXも現役でプレーしている人間なので、
時折5鍵の動画を検索すると、コメントで「やっぱ5鍵のほうがいいな、今の7鍵は屑」みたいなのを見かける。

違う。なぜ比べようとするのか。
5鍵には5鍵の良さがあり。
2DXには2DXの良さがある。
どっちも良いものであって、どっちのほうが良いという比べ方をするのは良くない。

MUGENキャラも同じだ。
筋肉モリモリのレスラーや濃い顔のムエタイチャンプも良いものだし、
5頭身の萌えキャラやエロゲ出身の同人キャラも、良いものだ。
どっちが好きだと語るのはかまわないが、優劣をつけるような言い方は良くない。


ここまで分かっていてなぜ「今の薙に確たる答えは無い」のか。

叩く基準がよく分からないのである。

例えば東方キャラでも、8頭身くらいの手描きであれば原作ドットほど文句は言われないようだ。
また、女の子だらけの格闘ゲームの先駆者ともいえる「あすか120%」シリーズが
東方やEFZのように叩かれているのを見たことが無い。
8頭身東方はともかく、あすか120%は硬派とは異なる存在だと思うんだけど。
やはりデフォルメが原因なんだろうか?
だとするとニトロワキャラが叩かれる理由が説明できない。

結局は「荒らしにとって荒らす理由などは何でもよく、荒らすことができれば良い」のであって
考えるだけ無駄なんだろうけど、それでもなお原因を考えずには居られない薙なのだった。

2011/07/29(金) ここからが本当のぢごくだ。
0:0





もくじ
・MUGENは娯楽である




「釣りだからスルーしろ」
という言葉はよく聞かれるが、
「例え釣りだとしても許せないこと」
というものがある。

この思想はそういった薙の憤りを書き綴るものである。


「勝ち負けに何の意味があるのか」


MUGENのキャラが勝った負けたに何の意味があるのか。

トーナメント形式で勝てば登場の回数が増えて認知度が上がる。
あとは…

無い…?
うん、これくらいしか思い浮かばない。

そう。
MUGEN動画のキャラの勝ち負けに意味なんてない。


以前の思想で、嫌いなキャラに対する「負けろコメント」について書いたけど、
それ以上に思うのは「負けたから何なの?」ということだ。

どうも、負けたキャラに対して「ざまあwwww」などとコメントしている人は勘違いしているとしか思えない。
そして、それに流されてしまっているのか、他の人も勘違いしてしまっているような気がするので言っておく。

キャラの勝敗と、キャラの良し悪しは何ら関係が無い。

「勝ったキャラが優れている、負けたキャラは劣っている」という見方をしている人が多いような気がするのだ。
そしてその結果勝敗にあまりに過敏になっている視聴者が多いように感じる。

MUGENキャラの目的は勝つことではない。
そんな目的のためにキャラが作られているなら、論外性能のキャラがMUGEN史上最良のキャラになる。

MUGENキャラの唯一無二の目的は、人を楽しませること。
その「人」とは基本的には、キャラをDLして遊ぶ人や動画の視聴者のことだが、キャラ作者もその中の1人である。
作って楽しい、動かして楽しい、見て楽しい。
これがMUGENキャラだ。
決して勝ち負けのために生まれたキャラではない。

勝ち負けは必要ないのかというと、そうではない。
勝ち負けはMUGENにおいてどういう意味を持つのか。

それは、楽しさの構成要素の1つである。
応援してるキャラが勝つと楽しい。
ぎりぎりの勝負で決着がついた瞬間が楽しい。
かっこいい技でノックアウトする演出を見るのが楽しい。
さんざんネタ技を振り回したあげく案の定負けるネタキャラを見るのが楽しい。
ブッ飛んだ性能で並み居るキャラを無双する狂った強さのキャラを見るのが楽しい。
あくまで、こうした要素の一部に「勝敗」があるだけである。

例え試合に負けたとしても、見る者を楽しませたほうがMUGENキャラとしては勝利者である。

なぜなら、MUGENとはエンターテイメント…娯楽なのだから。

2011/07/28(木) しむくりんちょんばきん・・・これをタイトルにしたのは何度目かなぁ
0:0




もくじ
・MUGENは娯楽である




「釣りだからスルーしろ」
という言葉はよく聞かれるが、
「例え釣りだとしても許せないこと」
というものがある。

この思想はそういった薙の憤りを書き綴るものである。


「手描きキャラを馬鹿にするな」


うん、読んで字の如くである。

ニコニコMUGENの視聴者は、手描きキャラに対してあまり良い印象を持っていない人が多いようだ。

全部がそうだとは言わない。
中には手描きで超ハイクオリティなドット絵を描き、かっこいい演出でもって
商業用のキャラがかすんで見えるほどの良キャラが人気を得ている場合もある。
しかし、そういうキャラですら嫌われることがあるようだ。

なぜそんな素晴らしいキャラが嫌われるのか?

彼らが嫌っているのは、その性能らしい。
特にドット絵の枚数が少ない場合は顕著で、
「技の発生が早すぎ」「隙が少なすぎ」は決まり文句のように言われる。

なぜ他の格闘ゲームのキャラと同じような強さなのに、
手描きのオリジナルキャラは厨性能と言われ嫌われてしまうのか。

性能が分からないからである。

実は、MUGEN以外で同じような経験を何度もしたことがある。
市場に出回っている格闘ゲームに続編が出て新キャラが登場すると、やたら強そうに見えるのだ。
例えばKOFシリーズにウィップという鞭を持ったキャラが出たときは、リーチが長すぎて卑怯だと感じた。
ギルティギアのA.B.Aなどは何この超高速超火力キャラ、え?しかもHP回復持ち?という感じだった。

特に、自分が性能を知らないキャラが勝っているということは、その自分が知らない性能を活かして
戦っていることが多く、良いところだけが目立って見えてしまい、異常な強さに見えるのである
(逆に自分が性能を知らないキャラが負けている場合は、得意とする性能を
 活かせなかったということであり、傍目には何の長所もない雑魚キャラに見える)。

オリジナルキャラの不利はここにある。

オリジナルキャラは商業用のキャラに比べて圧倒的に認知度が低い。
そんなキャラが独自の要素をてんこ盛りにしていたところで、理解されない。
そんなキャラが自分の長所を活かして頑張って戦っている姿は、傍目には卑怯くさい強さに見えるのである。

例をあげよう。
「ライフが3割減るごとに、攻撃モーションを中断して立ちポーズに戻るシステムのストックが1回増えるキャラ」
がいたとする。いわゆるロマンキャンセルだが、この行動はゲージ消費を行わない。
ライフが9割減ったら、ノーゲージでロマンキャンセルを3回行えるということだ。

このようなシステムは(薙が知る限り)見たことが無い。
つまり完全にオリジナルの設定だ。視聴者はこのシステムを知らない。
さぁ、このキャラをいざ大会で使わせよう。
オリジナルキャラがピンチ!になったところで、独自システムのロマキャン3連発!
溜めておいたゲージも超必殺技に回し、大ダメージで逆転勝利したぞ!
しかしどうだろう、視聴者からはブーイングの嵐。
「ノーゲージロマキャンとか無いわ」
「また厨火力キャラかよ」
ほらこんなもん。

視聴者は「HPが減ったぶんだけ使える、回数制限のある行動」ということを知らない。
かわりに「ゲージを使わず、攻撃の隙を3回も消し去るノーリスクすぎる行動」という結果だけが残る。

これこそが、オリジナルキャラが厨性能扱いされて嫌われる理由である。
と思う。

これは特殊システムに限った話ではない。
途中で「手描きキャラ」が「オリジナルキャラ」に摩り替わっていたが、ここで話を手描きに戻す。

もしオリジナルキャラでも、商業用キャラの画像の流用なら、見たことのあるモーションなので
知っているような気分になり、文句は言われない(性能がアッパー調整されていたとしても、である。
よほど極端な調整でない限り、ノックバック時間を数フレーム延ばしたり喰らい判定を削っても、視聴者は
よく見るキャラの知ってる技と似てるから、たぶんあんな感じの性能だろうと脳内補完してしまう)。

一方、手描きキャラは、そうはいかない。
必殺技はおろか、通常攻撃やジャンプや歩行など、その全てにおいて性能が未知である。
ゆえに「あらゆる挙動が高性能」に見えてしまう。



・・・が、手描きキャラが厨性能というのは、あながち間違いでもない。

薙もオリジナルキャラを作成したから分かるが、
自分で丹精こめて作成したキャラは、どうも強くしてしまいたくなる。
自分が頑張って作ったキャラが負けるのを見るのは気持ちのいいものではないし、
もし大会で使われることがあるなら、ぜひ勝ち進んで多く活躍をして欲しいと思う。

きっと他のオリジナルキャラ作者様もそうだと思う。
それでも、うまく調整しながら格闘ゲームのキャラと戦わせて問題ない強さにするわけだが、
そこに前述の「手描きキャラの性能は未知で高性能に見える」という後押しが加わり、作者様の調整は微塵に砕ける。

MUGEN動画の視聴者の方々に、これだけは言っておきたい。
ドット絵改変だろうが、枚数が少なかろうが、雑に見えようが、
手描きキャラというのは本当に作るのが大変なのだ。
苦労したからこそ、せっかく頑張ったんだから強くしてあげたいという情が沸く。
そんなことはないと思うなら、ぜひ、棒人間でMUGENキャラを作っていただきたい。
恐らく多くの人は棒人間ですらキャラを完成させられないだろう。

しかしそれでも、キャラ作者なりに楽しんでもらえるよう
苦労して調整しているはずなので、そのあたりを酌んで、決して「厨キャラ」などと、
ましてや「落書きキャラ」などと叩いたりしないでほしいのである。

2011/07/27(水) 半分を超えて超えた?
0:0




もくじ
・MUGENは娯楽である




「釣りだからスルーしろ」
という言葉はよく聞かれるが、
「例え釣りだとしても許せないこと」
というものがある。

この思想はそういった薙の憤りを書き綴るものである。


「MUGEN動画だけに見られる謎のコメント」


「xxは負けていい」
というコメントが、特に大規模なMUGEN動画ではよく見られる。
あまりに不思議なコメントである。
「xxに勝ってほしい」ではなく「負けて欲しい」である。

つまり、これは応援ではない。
特定のキャラ、あるいは特定の作品の「負け」を望むことだ。
野球を見ながら「xxは負けろ」などと言っている人は見たことがない。
MUGEN動画だけというのは言いすぎだろうけど、「負けろ」というコメントがMUGEN動画では極端に多い。


…いや、思い返してみれば、スポーツで似たようなものを見た気がする。

韓国のサッカーの反日サポーターだ。

薙はスポーツには詳しくないので、サッカーに詳しい人がいらっしゃったら突っ込まれるかもしれないけど…
調べた限りじゃ、今年の大地震をうけて「日本沈没」なんて横断幕を掲げてサッカー観戦に来ていたのもいるらしい。

ニコニコ動画のMUGEN動画のコメントのキャラ叩き、といえばそうでもないけど、
日本沈没なんて横断幕を掲げてサッカーの応援に来る人間と同じレベルのことを
していると思うと、非常にくだらないことだというのがよく分かるでしょう。



「何が嫌いかでなく、何が好きかで己を語れ」
という言葉、薙は大変好きです。
好きなものより嫌いなもののほうがホイホイ出てくるような人間より、
好きなものは山ほどあって、嫌いなものはほとんどない人間のほうが素敵だと思いませんか?

そして、そのほうがMUGENに向いてると思いませんか?

だって、MUGENは全てを受け入れるのだから。
MUGENには数え切れないほどのキャラがいるのだから。
その数え切れないキャラをみんな好きになれたら、MUGEN動画はきっと、どんな動画よりも楽しい。

嫌いなものをけなすのでなく、好きなものを応援する。
どちらが勝っても嬉しい。
MUGEN動画の視聴者には、そうあって欲しいものです。


注)
文中にサッカーの韓国サポーターのことを書きましたが、
韓国のサポーターの方は皆、人としてレベルの低いことをしているという考えはありません。
ただ、日本をけなすようなことをしている人が(割合は分かりませんが)居るのは事実らしいので、
今回取り上げさせていただきました。
韓国サポーターの方にも、日本の震災に対して、心から心配、支援をして下さった方もいるものと思っています。

2011/07/26(火) 半分いったかいかないか
29:02





もくじ
・MUGENは娯楽である




「釣りだからスルーしろ」
という言葉はよく聞かれるが、
「例え釣りだとしても許せないこと」
というものがある。

この思想はそういった薙の憤りを書き綴るものである。


「MUGENは全てを受け入れる」


MUGENの魅力は、ここにある。
何でもできるから無限なのだ。
誰でもMUGENキャラになれるから無限なのだ。

大会動画などで散見されるコメント「xxは要らない」などは論外であり、薙から言わせれば
「MUGEN動画みるのやめたら?」
というレベルである。


某動画でこんなものを見かけた。
「アラド戦記は元々アクションゲームだし、MUGENキャラにするには無理がある」
「格ゲーじゃないものMUGENキャラにするのがねぇ」

論外。

「神竜・オメガ」
「ターゲットを壊せ」
「スペランカー」
これらのキャラをMUGENキャラとして認められないとのなら、MUGENなんてやめてしまうべき。
どうぞ「格闘ゲーム」の動画をご覧ください。

こうしたキャラの存在を認められないのは、拡大解釈すれば
「英語を言うと死ぬ大会」などの存在も否定していると取ることも出来る。


「格ゲーじゃないキャラの存在が嫌なんじゃなくて、大会で格ゲーと戦わせるのが嫌なんでしょ」
というのも薙から言わせると程度が低い。
格ゲーのキャラと、そうでないキャラが戦って何が悪いというのか?
こんなに魅力的なことが実現しているのにどうして否定したがるのか?


MUGENは全てを受け入れる。

ならば、MUGEN動画を見る人も全てを受け入れなければならない
これは薙から言わせれば義務であり、嫌ならMUGEN動画に二度と顔を出すなというレベル。

MUGENで遊ぶ人は全てを受け入れる必要は無い。
どうぞ、自分の好きなキャラだけをダウンロードし、要らないキャラは消して下さい。

ただしMUGEN動画はそうではない。
動画で使われているキャラ、すなわち「うp主が受け入れたキャラ」は全て受け入れなければならない。
受け入れるキャラはうp主により千差万別であり、これは
「世の中の全てのMUGENキャラを受け入れる姿勢」が無ければならないというのと同義である。

MUGEN動画の視聴者には、ぜひ、どんなキャラも等しく受け入れられる寛容な心を持っていただきたいと思うのである。





こちらは、Pixivのazuさんの作品をアニメーションさせたものです。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=20366051
元ドットがあすか120%のものなのもあるだろうけど、手と顔がきれいかわいい。
いいもん薙は えろかっこいい路線で頑張るもん

2011/07/25(月) 付属品
殺人鬼のいる洋館に迷い込んでしまった薙とその他数名(ほぼ知らない人)。
殺人鬼といっても、二本足、二本腕という以外は人間らしい外見でない化け物。
手足が異様に細長く、手には包丁を持っていて、黒を基調としたピエロみたいな外見をしていた。

当然のように見つかったので、2,3人を犠牲にしつつ薙は猛ダッシュで逃げ切った。
が、その後、調停者に見つかり、足止めを喰らう
(調停者:http://www30.atwiki.jp/niconicomugen/pages/764.html)。
こいつは金で雇われた殺し屋・・・という設定らしい。

MUGENでは凶悪なキャラなのになぜかこいつの攻撃で薙が殺されることはなかったが、
さすがに逃げ切ることはできず、しかも例の殺人鬼は相変わらず徘徊している。
調停者をはやくなんとかしないと殺人鬼に見つかってしまう・・・



〜終〜

2011/07/24(日) あずにゃんってこと?
6:28




もくじ
・新技「神楽」





ごめん、かっこいい名前つけてるけど、強パンチを2回押したら出るただの追加攻撃なんだ。





でもかっこよくない!?
あ、このモーションは、モーションが見やすいように全スプライトを10フレームずつ表示してます。
実際はこの3倍くらい早い。

2011/07/18(月) TOKYO 導夢
9:40




もくじ
・夢




薙の部屋が勝手に模様替えされていたけど、新しいベッドが買ってあって、
物の配置も薙にとってわりかし居心地がよかったので満足した。



〜終〜




+

2011/07/17(日) ほっとせんとなぁ
2:51





もくじ
・薙の新必殺技の名前候補




朧月-ろうげつ
水蒸気に包まれて、柔らかくかすんで見える春の夜の月。

幻月-げんげつ
月の両側に1個ずつ、別に月があるように見えるもの。空中の氷晶により光が屈折してできる暈(かさ)の一種。

悪月
1 陰陽道(おんようどう)で、凶の月。
2 運の悪い月。めぐり合わせのよくない月。
3 《中国で5月を凶事の多い月とし、また、5月5日の出生を凶としたところから》陰暦5月の異称。

残月
1 明け方まで空に残っている月。有明の月。のこんの月。
2 地歌・箏曲(そうきょく)。手事物(てごともの)。
 天明・寛政(1781〜1801)のころに大坂の峰崎勾当(みねざきこうとう)が作曲。
 門人の娘の死を悼んで作ったもので、特に手事の部分は力作。

心月
月のように澄みきって明らかな心。悟りを開いた心。

落月
沈もうとする月。西に傾く月。




えりしゃハイパー繋いで見たりさ

2011/07/16(土) 大盛りシングルトーナメントの薙の出番はまだですか?
ああ、見たいMUGEN動画があるのに、キャラ作成が気になって、なかなか見ることが出来ないなぁ。
MUGENキャラ作成に取り掛かるまでは、見たい動画なんてそんなになかったのに。6:52




もくじ
・D4薙に新必殺技を搭載!!




新必殺技の名前は「紫炎」。

たぶん分かる読者はPixivから来た人以外では1人も居ないと思われるが、元々の薙にも同名の技がある。

つまり、元々の薙の紫炎が無くなり、新しい紫炎に置き換わるということになる。


元々の紫炎はダウンを奪う脚払いだったが、新しい紫炎は地響きを起こして相手をひるませる技になっている。
ダメージは高くないが下段判定で、攻撃というより防御崩しに使う意味が強い。
実は立ち下段、いわゆるAI殺しなのだけど、立ったまま足元を攻撃する技には違いないので問題ないよね。
…せめてスイッチで「立ち下段判定OFF」とか作ろうかな…

弱は発生が早めで、コンボに組み込める。

強はコンボに組み込めないほど発生が遅いが、隙が極端に少なく、あらゆる技で追撃可能。


最初に公開した「薙」に関する思想で「薙でやりたいこと」というのを書いた気がするけど、1つやり残しがあったのだ。
「攻撃に入る直前に、ダン!と地面を踏むあれ」をやりたかった。
格闘ゲームのキャラで言えば、餓狼の牙刀というキャラの風牙という技が近い。


どうでもいいことだけど薙が紫炎で地響きを起こすのは脚力によるものでなく、
脚から地面に向けて気を放っているから。つまり、龍声を地面に打ち込んでいるということ。
本当にどうでもいい。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=20341822




当然のように、ぷるんぷるんします。
そういえば14日の思想で、揺れ方が自然にならないと書いたけど、今度は自然な感じがするでしょう?
まるでプリンのようだ。
ちょっとしたコツを掴んだのさ。ニュートラルモーションもじきに直しちゃうぞ。

2011/07/14(木) とさかが
1:03





もくじ
・食べ物を粗末にするんでない




人間は食べ物を捨てたり粗末にしているとも言われている。

しかし、動物や植物をおいしく食べるために調理したり、長期保存できるように加工したりするのは
ある意味、他のどんな生き物よりも食べ物を大事にしているとも考えられないだろうか?

食べ物を何年も保存できるのは人間くらいだろうしね♂




れすなし




なかなか自然にならないな〜

2011/07/13(水) とさかが,
2:06




もくじ
・めいぷる薙が動画で使用されました!!





まずは、週刊「載ってねぇ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14956183
なんと最終回でした。
間に合ってよかった…本当によかった〜!


そして次は、ついにやってきた、MUGEN祭 大盛りシングルトーナメントPart94
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14998042
めいぷる薙は2回戦に進出できるのか?
かつもくせよ!!

ところで、どっちの動画でも、めいぷる薙の登場に期待して下さっている人がいらっしゃったようです。

たいへんありがたいことです。





ただD4化するだけでなく、リメイクもする。

2011/07/10(日) とさかが、
2:41




もくじ
・大決定!こうぺん





この思想の前に、昨日の思想を読んでおくと楽しいかもしれないし楽しくないかもしれないけど
薙は昨日の思想を先に読んでおいたほうがいいと思うな〜いや絶対とは言わないけどね〜



前置きが長くなったけどもうちょっと。
薙とタンホイザーについて。

どちらも、もちろん実在する人間と比べればかなりスレンダーではあるけど
モデルみたいな体系ではなく、格闘家らしいがっしりした体つきという想定。
タンホイザーはやや女性的な側面が強く、肉付きがいい。
古臭い表現でいえばボン、キュッ、ボン。

なので、格闘ゲームのキャラクターたちは体重とかやせすぎだろうと思っていたので
それより太めにする予定だったけど、意外と現実的(?)な数字だったので、それに倣うことにする。

薙の胸はE〜Fカップくらいだろう。
身長は、168cm。
女性としては長身だ。
それでもフェリシアやユリ・サカザキと同じだし、格闘ゲームのキャラとしては割りと標準的か。
意外なことにリリスも168cmだったりする。
ほたるやナコルルが156cmほどなので、小柄なキャラ以外は160cm余裕でした、というところだ。

体重は・・・後回しにする。

さて、本題の薙のスリーサイズ。

B:88(Eカップ)
W:58
H:90

とした。
ちなみにこれは、偶然だけどスト2のチュンリーと全く同じ。

参考にしたのはこの動画
小池栄子 水着
http://www.youtube.com/watch?v=j7aBBeukUAs
静止画像のスライドショー。
身長166cm、バスト91cm、ウエスト59cmらしいです。

なんというか、自分で格闘ゲームのキャラの腰は細すぎと言っておいてなんだけど、
薙の腰は小池栄子さんより細い気がする。

そして、何のこだわりなのか知らないけど、薙のバストは90以上にしたくなかった。
なぜなのかは今の薙にも分からん…。
あと奇数もいやだった。
結果、上のようになった。
本当はFカップにしたかったけどいいや。
十分すぎるくらい揺れるでしょう。

そして、この身長とスリーサイズから割り出される予想体重は51kg。
BMIはなんと18.1。
痩せすぎです。
「格闘家らしくがっしりした体つき」という設定はどこへいったのか。
もうどこへでも行ってくれ。


次にタンホイザー。
薙よりやや身長は低く、胸は「やや」ですまないほどでかい。
下のように設定しました。

身長:165cm
B:95(Gカップ)
W:60
H:92
体重(推定計算):55kg
BMI:20.2

Gカップ…。
まぁまぁまぁ。タンホイザーならこれくらいあるでしょう。
格ゲーキャラではよくあることだし。
こんなんでも、BMIが20弱だから恐ろしい(標準は22で、25以上が肥満)。
BMI20というのは格ゲーキャラの中ではけっこう太い。フェリシアがそれくらい。
BMIは18前後が多い。当然BMI17台はザラ。
サムスピのシャルロットにいたっては、BMIが15未満。身長183cmというのが原因か。
その身長で48kgとか何事だ。そのやせ方でDカップとか何事だ。


長くなったけど、曖昧だった薙とタンホイザーの身長と体重とスリーサイズが決定した。
薙の体重が51kgしかないのは意外だったけど、まぁ、これで安心して眠れるかな。
おやすみなさい。




こいつの腰どうみても60cmもないと思わないか

2011/07/09(土) それは単なる赤い鼻水であって鼻血じゃないよ
8:26




もくじ
・大決定!!前編(前置き)




たいへん大事なことを決定します。

薙とタンホイザーのスリーサイズです。

ふふん。
ぜんぜん大事でもなんでもないだろう。
なのに興味がわくだろう。
男性の読者も女性の読者もどうぞご覧になってください。


参考資料

格闘ゲームのキャラクターの身長、体重、スリーサイズをざっくり見てみる。

身長は150台〜160台がほとんど、これはまぁ、日本人女性の身長の平均値が158cmほどらしいのでそれに則っている。

体重は軒並み軽い。
基本的に、50kgを超えているのは、長身キャラやガタイのいいキャラで締められている。
日本人女性の平均値が52kgほどらしいので、格闘ゲームのキャラクターたちは
「日本人女性の平均値でも、重たいほう」らしい。
・・・・凄い世界だ。

いいんだろうか。
仮にも格闘しようというやつらが、そんな軽くて。
もっとガタイがよくないと厳しいんじゃないの?

と思って実在する女性の格闘家について調べてみると、50kg前半の女性格闘家はかなり多いらしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E7%B7%8F%E5%90%88%E6%A0%BC%E9%97%98%E5%AE%B6%E4%B8%80%E8%A6%A7
当然、40kg台の方も多かった(身長も150cm未満だったりすることが多かったけど)。
適当にリンク先を開いて調べたところ、50〜55kgというのをよく見かけた。
もちろん、女子レスラーとなると、60kg以上の方が増えてくるけども。
実際、レインボーミカやシェルミーなど投げキャラは60kg以上のようだ。
案外リアルな数値なのか?

格闘家というのは、運動をしているぶん、よけいな肉がついておらず軽いということなのか。
プロレスラーのように背丈があり筋肉質な体系ならともかく、意外とスレンダーらしい。

ふむ、別に体重が50kg未満だろうと、格闘するのに支障は無いということか。
次はスリーサイズだ。

幼いキャラはともかくとして、バストは80台後半に集中している。
日本人女性の平均が82ほどらしいので、やはりデカい。

ちなみに、この「バスト」とは、基本的にトップバストのことであり、アンダーバストは調べても出てこない。
なので、以下の「カップ」はウエストの近似値からの概算。

面白いのは、エロゲ・ギャルゲ出身のキャラクターや、
女の子ばかり登場するゲームのほうが全体的にバストが小さいことだ。
ざっくり言ってしまえば「エロゲほど貧乳が多い」。
まぁ、元々格闘する人たちではないし、格闘する人たちのほうが大胸筋とかが発達して大きくなるとか
そういうことも考えられなくはないけど、小学生みたいな乳のやつがけっこういるから困る。
メルティブラッドなどは、半分以上がBカップ以下。
お前ら本当にエロゲのヒロインなのか。
Keyのキャラが登場するEFZはD〜Eカップが中心で、さすがギャルゲ出身といわざるを得ないが
ストリートファイター4のいぶきの「Hカップ」とか
DOA2のあやねの「Iカップ」とか、グラビアアイドルどころじゃないのがちらほらいるあたり、ただ事ではない。
しかしさすがに峰不二子の「Kカップ」には敵わないらしい。
そういえばいぶきもあやねも忍者だ。
くノーの任務は色仕掛けによる諜報や暗殺が主だったと
どっかで見た気がするけどそれが本当なら分からないこともない。
格闘は諦めるべきだとは思うけど。

ちなみにONE PIECEのボア・ハンコックはLカップらしい。
あんたもう奇形レベルだよ。

まぁ、そういうのはごく一部のキャラであって。
多いのは、トップバスト80台後半のD〜Fカップあたり。

バストはともかくとして、問題はウエストだ。
みんなすごい細い。
どうも、上のキャラクターたちの「胸が大きい」というのは、トップバストの大きさより、腰の細さが原因らしい。
ウエストは50cm台に集中している。
そして、何かを恐れるように、60cm以上のウエストを持つキャラはかなり限られる。
フェリシアのウエスト61cmはかなり太いほうらしい。
誇張ではなく、フェリシアを超えるウエストは本当に少ない。
ざっくり見たところ、一番太いのはシェルミーの63cm?
だから彼氏いないのか。

最後にヒップ。
まぁ、おおよそ、バストと同じくらい。
巨乳キャラはバストより小さく、貧乳キャラはバストより大きい。




続く




次回、薙とタンホイザーの身長と体重とスリーサイズが明かされる。
みんなも予想してみよう。

2011/07/06(水) 朝6時くらいに鳴る「パカァン!!」って音にいつもびびる
4:46




もくじ
・薙のキャラがついに動画に使用されました!!




http://www.nicovideo.jp/mylist/22228399
パート20と21を見てね!!!

うん、すまない、一ヶ月以上も前の動画なんだ。
気づくのが遅かった。
でもしょうがないじゃないか、自分のキャラが出てる動画を探すのってけっこう難しいんだから。
薙や茜のページが作成されたら「登場している動画」とかに名前が載るはずなんだけど。
それまでは、ニコニコMUGENwikiで「薙」と検索して頑張るしかない。
草薙京も引っかかるけど。

ちなみに上で紹介している動画は、ニコニコMUGENwikiで「薙」と検索したわけではない。
この動画はそもそもニコニコMUGENwikiにページが作成されていないキャラを紹介する動画なので、
まだぺーぺーの薙のキャラが登場する可能性が高かったのだ。

ついでなので、めいぷる薙の紹介もお願いしておいた。
そしたら、次回でキャラリクエスト締め切りとのお知らせが。
間に合ってよかった。危ないところだったのだ。


しかしあれかな、やっぱキャラの出来が地味だから誰も使ってくれないのかな。
MUGEN祭 大盛りシングルトーナメントも毎日欠かさず見てるけど、薙はいまだに登場していない。
まぁ、パート85の段階で、あと900人以上も登場していないキャラがいるらしいけど。
こういう超規模のトーナメントって、いいわね。ほんと。
いろんなキャラがごちゃまぜになるのがMUGENの良いところだわ。
ニコニコMUGEN界隈はどうも人気のあるキャラだけが重点的に登場しすぎな気がするからね。
ん?違う。そういう意味じゃない。
大規模な大会だと東方が多くなるとか、KOFが多くなるとか、そういう意味じゃない。
ルガールとか、すごい漢とか、ブロントさんとか、そういうのね。
「こいつどの大会にもいるよな〜」
ってのがいる一方で、
「なんだこいつ、初めて見る」
ってのもいる。
薙は後者を見るのが楽しみなんでね♂





このクオリティを維持してキャラができれば人気もうなぎのぼりだろ?

2011/07/05(火) マッチくれよ
0:0




もくじ
・夢




悟空・ベジータ・ブロリーの3人が手を組んで、フリーザジュニア3体と戦っていた。
フリーザはブロリークラスを相手にするには弱すぎるんだけど、
フリーザジュニアはなぜか悟空と互角以上の格闘ができるくらいの強さがあった。

悟空たちは辛くもフリーザジュニアのうち2体を倒すことに成功するが気が残っておらず、
定番の元気玉で残り1体にとどめを刺すことにする。

しかしただ撃つのでは当たらないので、悟空が元気玉を溜め、気の消費が少ないブロリーがそれを放つという
ベジータ戦で元気玉をクリリンに撃たせるような作戦になった(正義の心がブロリーにあったのかないのかは不明)。

その作戦通りにブロリーが元気玉を放ったが、フリーザジュニアはそれをブロリーに打ち返す
(正義の心がないフリーザがなぜ元気玉を打ち返せたかは不明)。
しかしブロリーもそれを打ち返す。

打ち返しの応酬が数往復あった後、ついにフリーザジュニアが元気玉を完全に別方向へ打ち返し、回避に成功。
悟空たちには打つ手が無くなった。

しかし、元気玉の応酬の爆風で落ちたのか、どこからか植物の種のようなものが転がってきた。
そして、そのとき、ふしぎなことがおこった。
植物の種は地面に落着するとトゲ状の根をみるみる伸ばし、近くにあった水道管に穴をあけた。
水道管からは凄い勢いで水が噴出。
フリーザジュニアを大気圏外へと吹き飛ばしたのだ。


時代が変わって、現代。
薙は父親と叔父とあと1人誰かの4人で、洞窟を改装して作ったようなこじゃれたレストランで水を飲んでいた。
そう、このレストラン、もといこの洞窟は過去にフリーザジュニアと戦ったときにできた空洞がもとになっているのだ。
そのときに破裂した水道管も残っている。

しかし、この水、よく見たらカップルが飲むような、大きいボトルにストロー2本刺さったやつだ。
叔父と一緒かよ
ゲゲェー


〜終〜





2011/07/04(月) DDTを喰らえよ。
めいぷる薙参戦来たー!!!!
http://amazingutopia.blog122.fc2.com/blog-entry-62.html#more

呼ッ!!

2011/07/03(日) スターズライト
5:39




もくじ
・何をすべきなのか?





ハッ…


MUGENキャラの「薙」をD4グラフィックに描き直す…
と、同時にタンホイザーのグラフィックの素材も出来上がる…
一挙両得!?




れす
>0:20
おやまぁ、お久しぶりです。
こんなところまでわざわざお越しいただいてしまって、なんだか申し訳ない感じですね。
急に連絡が取れなくなったので何事かと思いましたよ。
お返事を送っておきますね。




大きさ間違えた。

2011/07/02(土) ビジー・フォー
0:0




もくじ
・MUGENキャラ作者への質問なのかー?




Q1 あなたのAutor Name(ハンドルネーム)を教えてください。
NAGI

Q2 あなたのAutor Name(ハンドルネーム)の由来は?
プロフィールでもご覧になって

Q3 あなたがmugenを知ったきっかけを教えてください。
思い出せないなぁ。
ニコニコ動画は見てるから、知る機会はあったんだろうけど、具体的なきっかけは思い出せない。

Q4 キャラをどのくらい登録していますか?
620〜630くらいらしい。

Q5 どういうジャンルのキャラをよく集めていますか?
ネタキャラ、オリキャラ、マイナーキャラ多め。
版権キャラは少ない。京やテリーすら、620人の中に1人も含まれていない。

Q6 あなたの好きなキャラベスト3を教えてください。
薙、めいぷる薙、しゅーてんぐ茜。
親馬鹿?
自作を外すなら…
鳴夜、ゼットン、フェリシア…かな?
ゼットンが異端。
ゼットンのかわりにシャルティルとかが入れば丸く収まるのに。なんかゼットン好きでね。

Q7 あなたの好きな製作者(投稿者)ベスト3を教えてください。
ティーフ氏(シャルティル、フェリルなどの作者)
Oggy氏(竜子の作者)
Aiduzzi氏(Ellaやクァンドの作者)
基本的に、ぬるぬる動くオリキャラ作者は全員尊敬する。
そういう意味では地味にとけい氏も好き。
オリキャラ作者といえばドロウィン氏(ドロウィン、ぬぬいぬい子などの作者)や
キシオ氏(ジャギュタやミヅマなどの作者)もいるけど、やはり上記の作者が好き。

Q8 あなたが一番好きなMUGENの動画を教えてください。
1つに絞るとすると…
成長トーナメント(http://www.nicovideo.jp/mylist/7614791
第1回はぜひ、ネタバレなしで通して見ていただきたい。
同作者の、成長タワートーナメント(シングルのほう)も好き。

Q9 あなたが今見ているmugen動画を教えてください。
MSI(Mugen Stories Infinity)
MUGEN祭 大盛りシングルトーナメント(元々は見てなかったけど自作キャラが出るようなので通しで見てる)
最近見てるMugen動画少ないなぁ

Q10 並、凶、狂、神と様々なランクがありますが、あなたが好きなランクは?
良い勝負をする狂ランク。相性で一方的な展開になるのはNG。
薙の作ったキャラの狂ランクも、極力いろいろな狂キャラといい勝負ができるよう色々考えている。
あとは強ランクも好きだけど凶はなぜかあまり好きでない。

Q11 今まで見た動画でのベストマッチを教えてください。
第1回成長トーナメント決勝戦

Q12 あなたがプレイヤー操作で使うキャラは誰ですか?
薙(自作キャラ)。
徹底的に自分で使いやすいキャラを模索してあるので。
自作以外では、格ゲー野郎のアレンジキャラReiko Hikari。
マーヴルっぽい動きで安定感がありスタンダードで使いやすい技を多く持ち、何より安定した操作感がある。
あとは鳴夜。ぺちぺち繋がるコンボが楽しい。

Q13 あなたが改変・製作したキャラ(製作した動画)で一番気に入っているものは?
1人に絞るなら、薙。
動画でいえば、めいぷる薙の制作動画パート7

Q14 あなたのキャラ(動画)の製作コンセプトは何ですか?
そのキャラらしさを失わないこと。
もしAIを作るとすれば、そのキャラらしさより、ワンパターンにならない動きや適度な強さを重視する
(キャラそのものにそのキャラらしさがしっかり出ていれば動きに関係なく特徴が出ると思うので)。
動画に関しては、魅せ重視が薙の考え。

Q15 mugenに関することで、これはねーよ… と思ったことがあったら教えてください。
ニコニコ動画の大会で散見される「消えていい」という応援の仕方。
つまり「〜に勝ってほしい」というのでなく「〜に負けてほしい」という考え方そのもの。

Q16 今までで一番衝撃を受けた技術はなんですか?
喰らい判定が存在せず飛び道具しか撃ってこないキャラクターを倒す技術「オメガトムハンクスキラー」。

Q17 今後mugenに登場してほしいキャラなどはいますか? 
手描きのダナエ

Q18 今後製作、改変を行おうと考えているキャラは誰ですか?
手描きリンプー
PSO薙
PSU薙
体温30度のこいしちゃん
おかみすちー(が背景にいる妹紅)
プリシス
ユビ子
KFM改変

Q19 あなたが考えるmugenの魅力とは?
無限の可能性。
2D格闘ゲームのキャラに収まらず、手描き素材さえあればどんなキャラでも好きな性能で対戦させられる。

Q20 他の製作者さんに言いたいこと
手描きならキャラ画像1枚1枚に力を入れるより、
1枚1枚はたいしたことなくても枚数増やしたほうがクオリティあがるんじゃないですかね?

Q21 お疲れ様でした。最後にこれを読んでくれている人へ一言!
薙のキャラをよろしく





れすなし

2011/07/01(金) 薙から、大切なお知らせです。
6:54




もくじ
・大切なお知らせがありませう。




思想は、今日から、毎日更新ではなくなります。


単純に
「毎日書く気力とネタが無くなってしまった」
「それなのに強引に毎日書いても、もともと下らなかった内容がさらにくだらなくなるだけ」
だからです。


思想1を書き始めた2004年5月17日から、引越しでNET環境が途絶える2011年4月29日までの7年間、
更新できない日はあっても、後からそのぶん埋め合わせをして、
更新してない日は絶やさなかった(絵日記サーバーの問題で絵日記が消えた時期はあった)。

7年間といえば…
2555日くらいらしい。
頑張った。
よく頑張った。
2555日も毎日日記を更新し続けた人なんてそうそういないんじゃないか?
内容がくだらなくとも、そこは誇りに思うよ薙は。


少し語らせてもらおう。
まぁ、それがもともとの思想の由来であるし。

なぜ薙がこうして毎日思想を書き続けてきたのか。

最も大きな理由は「自己顕示」。
薙のことを見てほしい、知ってほしいという気持ち。

もうちょっときれいな理由を加えるならば、薙とその他の人との接点。
これも少なくとも小さな理由ではないと思う。

薙は友達の少ない人間だ(友達を作りたくても作れないというのもあるけど、
友達は少ないほうがいいというか、そのほうが落ち着くのである)。

そのせいか、ネット上での知り合いのほうが多くなった。

ネット上での関係はどうしても、ちょっとしたことで疎遠になりやすい。
だから、関係を繋ぎとめておく何かが必要だった。

それが、前述の自己顕示の理由と合わさり、
「毎日書けば毎日見てもらえるから、薙のこともよく知ってもらえるし、関係も維持できる」
という考えに至った。

結局、本当に毎日見ていた人がいたのかは分からないけど。


しかし結局のところ、そんな理由はとうの昔に忘れ去られており。
いつからかは分からないけど、思想を書く理由は「意地」。
それのみだった気もする。

ここまで毎日書いてきたんだから、いけるとこまでいってみようじゃん。
毎日更新ってのを売りにしようじゃん。
と。

今思い出してみれば。
そうだ。
当時、誰かの、名も分からぬ人の日記を携帯で見るのが好きだった。
その人は確か毎日更新していた気がする。
それに憧れていた気もする。

結局。
「自己顕示」も「関係維持」も、毎日書く理由としては弱い。
「毎日書くこと」そのものが、思想を毎日更新するための理由であり原動力だったのか。
何を言っているのか分からなくなってきた。


毎日更新というのが、結局、プラスだったのかマイナスだったのかは分からない。
毎日思想を書いていれば当然、くだらない内容も出てくる。
くだらない内容が増えれば増えるほど、本当に読んでほしい思想が埋もれていく。
最近の思想などは特にそうだった。

ただ、ある人から毎日メッセージを頂いていたあの時期、
確かに薙にとって大きなプラスがあったのは間違いないけど。


大きく話が飛んだけど、薙が思想の毎日更新をやめようと思った理由のもう1つがそれだ。
「本当に伝えたいことだけを書くべきなんじゃないか」
と。

改めて書くと、もう1つの理由は「ネタと気力が無いから」ね。


別に、思想を書く気そのものがなくなったわけではないし、今後も思想は書いていくつもりだ。

ただ、それが毎日ではなくなる。
それだけのことです。

ただ、もしも、毎日書いてほしいという人が1人でもいれば、無理やりであっても書きます。



あ、でも、メールフォームからメール届いたらレスしないと。
そこは毎日確認を続けていかないとだめね。
いっそ携帯に届くようにしようかしらん…




れすなし




記念すべき第1回の思想に掲載した画像


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.