暴走おやじの無責任な言いたい放題?
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年4月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/11/26 2021お気軽ジムカーナ
2020/11/25 なかなか コロナ おさまらないネ!
2020/11/20 延長戦 お待ちしています
2020/10/20 よし〜決めた(笑)
2020/10/09 11月22日 調整中

直接移動: 202011 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201911 10 9 8 7 6 5 4 月  201812 11 10 8 6 5 4 3 1 月  201711 10 9 8 5 月  201610 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 8 7 6 5 4 2 月  200711 月  20067 6 3 1 月  200511 10 7 6 5 月 

2008/04/05(土) ボディーショップ熊王
・・・ボディーショップ熊王では・・・
設備費の問題もありますが、機械にすべてたよった修理をするわけでは、ありませんので現状でやっていきます。 
機械には限界が有ります。マニュアルどおりの修理?機械に頼った修理法では応用がきかないと思います損傷状況は1台ごとに違います。 
ぶつかった時の角度、スピードなどによって状況は変わります、そのような見極めは機械にはできません。設備が有るから確実な仕事出来るのか疑問です。 
たとえば、フレーム修正機があるから事故車がうまく復元できるの?(最新の物では無いが当社にも修正機有ります)
フレーム修正の見極めは人間が判断しなければなりません。塗装ブースがあっても塗装は人間がスプレーガンで仕上げて居ます。(塗装ブースも有ります)

機械・設備も必要ですが、職人の「目」「技術」と経験が重要だと思います。
私ども車体整備士も、もっと、もっと勉強しなければなりません。
職人・車体整備士として、1台1台ベストを尽くしていきたいと思います。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.