giken-NEWS
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2021年10月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/19 NHアンプ ユーザーの声
2024/06/01 スピーカーの音はアンプ次第
2024/05/15 スピーカーは変わらずともアンプは変わる、事実
2024/05/01 コンパクト・カセットとコンパクト・ディスク
2024/04/26 過去 現在 未来のオーディオ

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200610 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 8 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 8 7 月 

2021/10/30(土) オーディオメーカーの衰退
1960年代、70年代、80年代と続いたオーディオの発展は、必ずしも健全な進歩ばかりとは言えないと思います。そして現在、ストップしています。デジタル技術の普及と共に。
それはデジタル技術の罪ではありません。アナログ技術を忘れてしまったためと考えられます。見かけの装飾を施した機器が多くあります。また、回路を複雑にして、半導体、C,Rなど素子の数を増やしても音質の向上に寄与していないことが多いのです。
一聴して情報量が多いように聴こえても、それはうるさい音なので、音量を下げるか、短時間で聴き飽きてしまいます。
多くの開発がカタログ表記を飾るためだったのです。そのために、音質の進化を止めてしまいました。中古のアンプを買って、いまの新製品と比べてみると良くわかります。
「お飾りオーディオ」は要りません。「実用オーディオ」の時代です。

良い音も悪い音も言葉で伝える事が難しいのですが、再生音には、「病的な音」、「健康的な音」があります。コロナ禍の現在、健康的な音、音楽、を聴くことも心身を癒してくれます。

このような悩み(と言ってもオーディオマニアの多くにとっての楽しみの一つでもあったのですが。)を無帰還アンプは解決してくれます。

2021/10/15(金) 音楽の為の復元、再現
オーディオ、特にアンプの品質が低くなり、反比例して高額になってきたことは、20年も前から指摘されて来ました。
測定器のデータは、音楽波形の忠実度に無関係です。
別な言い方をすれば、製品としての価値が下がり続けて来ました。その後、よい方向には向かわずに続いてきました。

そこで、ようやく画期的なアンプの回路を発見でき、無帰還アンプが完成しました。このアンプは、これからのオーディオ界に普及させるべく生まれた最初の製品です。

2021/10/01(金) 良い音のアンプづくりのアイデアは
偶然に発見されたのではありません。また、常識を無視した考え方ではありません。
スピーカーを「入力信号に忠実に」ドライブするために、測定器、純抵抗による判定ではなく、理詰めに考察を積み重ねた結果、結論に達した回路だったのです。
技術的には、フィードバックによる特性改善を避ける、トランスを搭載した真空管アンプに相似した回路、が結論です。また、シリコントランジスター特有の音色を避けることができました。
このアンプの音を聴いても、真空管なのか、ゲルマニウムトランジスターなのか、シリコントランジスターなのかと判定できないほど無色で透明です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.